メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

バーチャル高校野球

第99回全国高校野球選手権大会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

強組み合わせ

岩手大会の展望

盛岡大付、強力打線は健在

 今春の選抜大会で8強入りした盛岡大付の実力が頭一つ抜けている。その後を花巻東、久慈、大船渡東が追う。
 盛岡大付の強力打線は健在で、春の県大会5試合のうち3試合で2桁得点を挙げ、危なげなく優勝した。打の中心は、選抜大会で1番の植田と4番で主将の比嘉。県大会では2人そろって3本塁打を放ち、存在感を示した。
 甲子園常連校の花巻東は、春の東北大会出場を逃したが、底力はある。豊富な投手陣と打線がかみ合えば、頂点も狙えるだろう。
 東北大会出場の久慈、大船渡東の公立勢は、強豪との対戦で自信をつけた。競り合いに持ち込めれば上位をうかがえる。(寺沢尚晃)

組み合わせ

※雨天順延で日程・球場は変更になる場合があります。最新情報は「日程・予定」からご確認ください。

岩手戦績

  • 選抜高校野球大会 戦績ページはこちら
  • 全国高校野球選手権大会 戦績ページはこちら

春季・秋季大会

  • 春季大会 試合結果ページはこちら
  • 秋季大会 試合結果ページはこちら
スマホアプリで高校野球を楽しもう
投票! 甲子園ベストゲーム47
プレイバック高校野球×NTTファイナンス
高校野球DVD販売サイト
高校野球関連グッズ販売
  • 新聞宅配申し込み
  • デジタル申し込み

許諾番号:9016200040Y45039