メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

バーチャル高校野球

第99回全国高校野球選手権大会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

熊本大会の展望

秀岳館中心、公立勢も頭角

 昨春から3季連続で甲子園4強入りした秀岳館が中心。その秀岳館に今春の選抜に出場した熊本工、今春の県大会を制した文徳、NHK旗優勝の九州学院などがどう迫るかが見どころ。昨夏の熊本大会1回戦で敗れた八代が今春の県大会では準優勝、球磨工が4強入りするなど公立勢も頭角を現している。
 秀岳館は田浦、川端の両左腕が軸となり、守備でリズムをつくって攻撃につなげる。打線は俊足の半情、長打力のある木本や広部、幸地と上位から切れ目がない。
 春の選抜で奈良の智弁学園に0―9で敗れた熊本工は、エース山口の制球力と打撃力の底上げが甲子園出場への鍵になりそうだ。(沢田紫門)

組み合わせ

※雨天順延で日程・球場は変更になる場合があります。最新情報は「日程・予定」からご確認ください。

熊本戦績

  • 選抜高校野球大会 戦績ページはこちら
  • 全国高校野球選手権大会 戦績ページはこちら

春季・秋季大会

  • 春季大会 試合結果ページはこちら
  • 秋季大会 試合結果ページはこちら
スマホアプリで高校野球を楽しもう
プレイバック高校野球×NTTファイナンス
あの夏 新聞そのままプリント
夏の甲子園DVD
高校野球関連グッズ販売
  • 新聞宅配申し込み
  • デジタル申し込み

許諾番号:9016200040Y45039