ここから本文エリア

地域ニュース
2013年6月3日0時45分
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

大阪・履正社がサヨナラで初優勝 近畿高校野球

写真:神戸国際大付―履正社 サヨナラ二塁打を放ち、喜ぶ履正社の井上(中央)とチームメートたち=佐藤薬品スタジアム拡大神戸国際大付―履正社 サヨナラ二塁打を放ち、喜ぶ履正社の井上(中央)とチームメートたち=佐藤薬品スタジアム

写真:神戸国際大付―履正社 9回裏履正社2死一、二塁、井上がサヨナラ二塁打を放つ=佐藤薬品スタジアム拡大神戸国際大付―履正社 9回裏履正社2死一、二塁、井上がサヨナラ二塁打を放つ=佐藤薬品スタジアム

写真:神戸国際大付―履正社 サヨナラ二塁打を放ち、喜ぶ履正社の井上(中央)とチームメートたち=佐藤薬品スタジアム拡大神戸国際大付―履正社 サヨナラ二塁打を放ち、喜ぶ履正社の井上(中央)とチームメートたち=佐藤薬品スタジアム

 春季近畿地区高校野球大会(近畿地区高校野球連盟主催)の決勝が2日、奈良県橿原市の佐藤薬品スタジアムであった。両校ともに2桁安打を放つ乱打戦となり、履正社(大阪)が8―7のサヨナラで神戸国際大付(兵庫)を破り、初優勝を果たした。

■9回2死から連打

 両チーム14安打ずつを放った打撃戦を、履正社がサヨナラ勝ちで制した。1点を追う9回裏、途中出場の黒岩がスクイズを決めて同点。2死から東野、東の連打で一、二塁とし、井上の中越え二塁打で勝負を決めた。神戸国際大付は高橋が5回に同点本塁打、9回に勝ち越し本塁打を放つ活躍。他の打者も早いカウントから鋭い振りを見せて安打を重ねたが、投手陣が粘りきれなかった。

続きを読む

この記事の続きをお読みいただくには、会員登録が必要です。

無料登録で気軽にお試し! サービスのご紹介は こちら

検索フォーム

おすすめ

「ツーアウト」を示す時、なぜか小指と人差し指を立てる、ボールを足で扱うと、ビックリするほど怒られる…などの「野球部あるある」を収録

ボブ・ディランの30周年を祝う、伝説のトリビュート・コンサートがついにDVD/BD/CD化。

パリ、ロンドン、バルセロナ、ベネチア…人気都市のお得なホテルやツアーをご紹介

無駄な隙間は、隅々まできっちり埋めつくせ

平均気温は約20度。夏にくらべ混雑がぐっと少ない春の沖縄は、家族旅行にぴったり

スマホ用ポケットやカードホルダー、ペン差しなどを搭載したカバン専用インナーが便利と話題に!