高校野球の総合情報サイト

ここから本文エリア

現在位置:高校野球>地方ニュース> 記事

地方ニュース

鹿児島県野球審判協会、20周年で講演会

2011年11月7日10時46分

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

 鹿児島県野球審判協会が20周年を迎え、5日、鹿児島市内のホテルで日本高野連審判規則委員会の木嶋一黄技術顧問を招き記念講演会を開いた。

 高校野球の県大会で活躍した審判ら約70人が出席。1994年の夏の選手権大会決勝、樟南―佐賀商戦で勝負を決めたかもしれない一球の判定など、長年甲子園で審判を務めた木嶋さんの話に聴き入った。

 講演は「マスク越しに見た甲子園」のタイトル。木嶋さんは「全国で2100にもなる都道府県大会の1回戦を担当する審判がいるからこそ、日本の高校野球は選抜83回、夏93回という歴史と伝統を築くことができた」とたたえ、「審判を励まし、上手にしてくれるのは選手。その気持ちをしっかり持って、審判としてのあるべき姿を求め一生懸命努力してほしい」と話した。

検索フォーム

おすすめリンク

「ツーアウト」を示す時、なぜか小指と人差し指を立てる、ボールを足で扱うと、ビックリするほど怒られる…などの「野球部あるある」を収録

メジャーでの活躍が期待されるダルビッシュ投手の軌跡をたどった初のパーソナルDVD

ひと夏の高校球児たちの汗と涙と成長の感動ストーリーを凝縮

あの夏甲子園を沸かせたPLのKKコンビ、横浜・松坂、そしてハンカチ世代と、「熱闘甲子園」からもう一度見たい名勝負・名場面ばかりを集めたシリーズ

PL学園野球部には金の卵を大きく育てる「虎の巻」があった! OBが語るその秘密

ドラッカーが青春小説に!? 斬新な切り口で大ヒットした女子マネ奮闘記

地方ニュース

地方ニュース一覧

このページのトップに戻る