メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

バーチャル高校野球

第99回全国高校野球選手権大会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

宮城大会の展望

仙台育英・東北・東陵が軸

 今春の東北大会に出場した仙台育英、東北、東陵を軸にした戦いが予想される。
 春の選抜大会に出場した仙台育英が総合力ではやや抜けている。攻守の柱である主将西巻や、140キロを超える直球が武器の左腕長谷川らがチームを引っ張る。
 東北は、2年生投手の葛岡、古川原を中心に守り勝つ野球が持ち味。春の県大会でも5試合で5失点、2失策と安定している。打線は昨夏の甲子園を経験した布施、杉沢らが好調だ。春の県大会で仙台育英を破った東陵は、投打でチームを牽引(けんいん)する佐藤瑞を中心に堅守が光る。
 仙台の佐藤隼、石巻工の森、柴田の岩佐らの好投手にも注目が集まる。(山本逸生)

組み合わせ

※雨天順延で日程・球場は変更になる場合があります。最新情報は「日程・予定」からご確認ください。

宮城戦績

  • 選抜高校野球大会 戦績ページはこちら
  • 全国高校野球選手権大会 戦績ページはこちら

春季・秋季大会

  • 春季大会 試合結果ページはこちら
  • 秋季大会 試合結果ページはこちら
スマホアプリで高校野球を楽しもう
投票! 甲子園ベストゲーム47
プレイバック高校野球×NTTファイナンス
高校野球DVD販売サイト
高校野球関連グッズ販売
  • 新聞宅配申し込み
  • デジタル申し込み

許諾番号:9016200040Y45039