高校野球の総合情報サイト

ここから本文エリア

現在位置:高校野球>地方ニュース>宮崎> 記事

宮崎ニュース

高校野球の強化に約510万円 宮崎県新規事業

2012年2月18日15時34分

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

 新規事業は既存事業を改善したものも含め計235件約103億円で、前年度6月補正時とほぼ同じだが、トライアスロンやオペラ鑑賞を趣味とする河野カラーがにじむ。

 知事選で政策提案に掲げた「甲子園での優勝」をめざすため、高校野球の強化対策費に約510万円を計上。文化関係では20億円の基金を設置し、県立芸術劇場の改修費などを確保した。「木造住宅の耐震化リフォーム支援」など、県議会や業界団体の要望を反映した事業も入った。

 また、今年編纂(へんさん)から1300年を迎えた古事記に関連して、市町村などと連携して県内の神話や史跡の情報を発信したり(5千万円)、観光ルートづくりに助成したり(1千万円)する事業も盛り込んだ。

■主な新規事業

 口蹄疫(こうていえき)復興・海外輸出体制構築モデル事業(935万円) 農産物の国内需要が頭打ちになると予測されるため、口蹄疫復興対策基金を充て、生産者が企業などと連携してアジアへ輸出する活動を支援。

 県立学校緊急耐震対策事業(6億5695万円) 東日本大震災を受け、県立学校の耐震化を2年前倒し。12年度は9校16棟の耐震設計と11校14棟での耐震補強工事をする。

 災害拠点病院等機能強化事業(2億799万円) 津波被害を想定し、日向灘沿岸の災害拠点病院が自家発電装置を上階に移す費用を半額補助。国の災害情報システムに自動接続するシステムを構築する。

 病児等お助け保育モデル事業(361万円) 保育所に通う子どもが病気になった場合、あらかじめ登録した看護師を派遣し保護者の負担を減らす。まず1市町村で試験的に取り組む。

 宮崎を知ろう!100万泊県内観光活性化事業(3261万円) 地域資源を生かした体験型観光に取り組む市町村や観光業界を支援。研修会に専門家を派遣したり、スマートフォンへの情報発信を増やしたりする。

 木造住宅耐震化リフォーム支援事業(5千万円) 耐震基準を満たさない木造住宅の改修や耐震診断を行う市町村の事業費を補助。

 県民とともに築く明日のみやざきづくり拠点整備事業(2500万円) 子育てや環境保全など各活動に取り組むNPOなどが相談・活動の場として利用できる拠点をJR宮崎駅西口の「KITEN」に設置。

検索フォーム

おすすめリンク

「ツーアウト」を示す時、なぜか小指と人差し指を立てる、ボールを足で扱うと、ビックリするほど怒られる…などの「野球部あるある」を収録

日頃の感謝の気持ちを込めて、特別なプレゼントを贈ろう〈楽天特集〉

定番ルンバVS新星ココロボ。話題の2機種を徹底比較

1台3役のキーボード一体型ケースや筆圧検知対応のスタイラスペンなど、新商品をご紹介

油を使わず熱と空気で揚げる、今大人気のフライヤー。丸洗いできるから後片付けも楽々!

会議やプレゼン、ホームパーティーまで幅広く活躍すること間違いなし!

このページのトップに戻る