メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

バーチャル高校野球

第99回全国高校野球選手権大会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

奈良大会の展望

智弁学園、選抜の経験強み

 一昨年秋から県内の公式戦で無敗の智弁学園が軸となる。春の県大会準優勝の奈良大付、4強の天理、高田商が力の差を縮めている。
 智弁学園は昨春の選抜優勝メンバー、福元と太田が打線を引っ張る。エース松本は今春の選抜を経験し、安定感を増した。春の県大会決勝で、智弁学園を七回まで6点リードした奈良大付は、切れ目のない打線が持ち味だ。
 天理は一昨年夏の甲子園を経験した4番神野を中心に打撃力がある。今春の選抜に出場した高田商は制球力のある左腕古川の出来が鍵に。
 昨秋4強の橿原学院と高取国際、昨夏4強の郡山の戦いぶりも注目される。(石本登志男)

奈良戦績

  • 選抜高校野球大会 戦績ページはこちら
  • 全国高校野球選手権大会 戦績ページはこちら

春季・秋季大会

  • 春季大会 試合結果ページはこちら
  • 秋季大会 試合結果ページはこちら
スマホアプリで高校野球を楽しもう
プレイバック高校野球×NTTファイナンス
あの夏 新聞そのままプリント
夏の甲子園DVD
高校野球関連グッズ販売
  • 新聞宅配申し込み
  • デジタル申し込み

許諾番号:9016200040Y45039