ここから本文エリア

現在位置:高校野球>総合ニュース> 記事

総合ニュース

箕島18年ぶり春1勝 センバツ

2009年03月24日

 箕島7―3大分上野丘

写真大分上野丘―箕島 3回裏箕島2死一、三塁、井口慎は先制の左前適時打を放つ。投手足立=樫山晃生撮影
写真大分上野丘―箕島 9回表大分上野丘無死一塁、甲斐は右越え適時三塁打を放つ=矢木隆晴撮影

 箕島が集中打で18年ぶりの春1勝を挙げた。3回に井口慎の適時打で先行。2点リードの6回は敵失を足場に井口慎からの4連続長短打などで5点を挙げた。7点中6点が2死からと勝負強さを発揮した。大分上野丘は6回まで1安打。終盤に箕島・森本をとらえたが、遅かった。


ここから広告です
広告終わり

このページのトップに戻る