高校野球の総合情報サイト

ここから本文エリア

現在位置:高校野球>総合ニュース> 記事

総合ニュース

藤浪が粘投、逃げ切る 選抜高校野球、大阪桐蔭V

2012年4月4日18時7分

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真:満員の応援団をバックに、力投する大阪桐蔭先発の藤浪=竹花徹朗撮影拡大満員の応援団をバックに、力投する大阪桐蔭先発の藤浪=竹花徹朗撮影

(4日、大阪桐蔭7―3光星学院)

 先手をとって優位に試合を運んだ大阪桐蔭が、藤浪の粘投で逃げ切った。1回2死一塁から、小池が先制2ラン。追いつかれた3回は小池、安井の連打などで3点を勝ち越した。早めに光星学院の先発城間を降板させ、2番手の金沢から7、8回に加点した。藤浪は毎回のように走者を背負いながら、低めに球を集めてピンチをしのいだ。

 光星学院も3回に中軸の3連続長短打で同点。5回も田村、北條の連打で得点と力強い振りで対抗した。1回無死一、二塁で先手をとっていたら違う展開に持ち込めたかもしれない。

     ◇

 ○水本(桐) 初優勝に導いた主将は「実感がわかないけどすごくうれしい。決勝でもみんないつも通りの雰囲気だった。目標は春夏連覇です」。

 ○森(桐) 攻守に活躍の2年生捕手。「うれしいけど、本番は夏。夏の甲子園にもう1回出て、頂点に立ちたい」

検索フォーム

おすすめリンク

王貞治から斉藤佑樹、田中将大まで 戦後の全大会を当時の世相とともに振り返る

プロ野球チームから大学、高校野球、都市対抗野球の応援歌まで多彩に集めた究極の決定盤

総合ニュース

総合ニュース一覧

このページのトップに戻る