ここから本文エリア

総合ニュース

仙台育英、智弁和歌山下す 佐藤由17奪三振 高校野球

2007年08月09日

 第89回全国高校野球選手権大会(朝日新聞社、日本高校野球連盟主催)第2日の9日、第3試合は2年連続20回目出場の仙台育英(宮城)が、3年連続15回目出場の智弁和歌山(和歌山)を4―2で下し、2回戦進出を決めた。

 仙台育英は今大会注目の速球投手・佐藤由が先発した。

 1回裏、仙台育英は高橋巧の右中間適時三塁打で1点を先取。続く加藤大の右前適時打で2点目を挙げた。

 智弁和歌山は仙台育英・佐藤由に5回まで9三振を喫したが、6回表の4番・坂口の左翼席2ラン本塁打で追いついた。

 仙台育英は8回裏2死から一丸翔が左前打で出塁、佐藤由の四球の後、橋本が左越え三塁打を放って2点を勝ち越した。

 佐藤由は毎回の17奪三振だった。

このページのトップに戻る