ここから本文エリア

総合ニュース

大垣日大、金足農との接戦制す 高校野球第2試合

2007年08月11日

 第89回全国高校野球選手権大会(朝日新聞社、日本高校野球連盟主催)第4日の11日、第2試合は初出場の大垣日大(岐阜)が6年ぶり5回目出場の金足農(秋田)を2―1で下した。

 2回表、大垣日大は大林のソロ本塁打で1点を先取した。

 4回表、大垣日大・大林の打球が金足農・高橋投手の左鎖骨を直撃。治療のため、今野に交代した。その裏、金足農は桜庭の右越え三塁打、続く浅野の投手強襲安打で無死一、三塁。相手捕手が一塁走者を見て二塁へ送球。その間に桜庭がかえり同点としたが、8回表、大垣日大は大林が中越え二塁打で出塁、箕浦の左前適時打で勝ち越しの1点を挙げた。

 金足農は、救援した今野、浅野がよく投げたが、打線が大垣日大・森田に15三振を喫し、抑え込まれた。

 大垣日大は2回戦で創価と対戦する。

このページのトップに戻る