ここから本文エリア

総合ニュース

佐賀北が5―4で広陵を下し初優勝 8回に逆転満塁HR

2007年08月22日

 第89回全国高校野球選手権大会(朝日新聞社、日本高校野球連盟主催)は22日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で決勝があり、佐賀北が広陵(広島)を5―4で下し、初の全国制覇を遂げた。

写真2回表、広陵の2死満塁で櫟浦が左前適時打
写真2回表、広陵は櫟浦の左前適時打で、三塁走者岡田淳が2点目の生還
写真2回表無死、広陵の山下は左前安打を放つ
写真8回裏、1死満塁で佐賀北の副島が左越え満塁本塁打を放ち、逆転した

 佐賀北は4点を追う8回、1死から連打と2四球でまず1点。さらに3番副島が左翼席に飛び込む劇的な逆転満塁本塁打を放ち、5―4と試合をひっくり返した。7回までわずか1安打に抑えられていたが、終盤のワンチャンスをものにした。

 佐賀北は今大会の開幕試合に登場し、2回戦では宇治山田商(三重)との延長15回引き分け再試合を制した。準々決勝では優勝候補の帝京(東東京)を延長の末に下して旋風を巻き起こし、そのままの勢いで深紅の大優勝旗を手にした。公立校の優勝は、78回大会(96年)の松山商(愛媛)以来11年ぶり。

 先手をとったのは広陵だった。2回に4安打と四死球などで2点。7回には、甲子園で34イニング連続無失点だった佐賀北の救援エース・久保をとらえ、野村の2点二塁打で突き放した。しかし、最後は連投の野村が力尽き、第49回大会(67年)以来3度目となる決勝でも、悲願の全国制覇はならなかった。

 この試合の観衆は満員の5万人。15日間の総入場者数は77万人だった。

このページのトップに戻る