検索とメインメニューとばして、このページの本文エリアへ検索使い方
現在位置 : asahi.com > 高校野球 > 都道府県別ニュース > 東京
ここから本文エリア

東京

修徳・都府中工 ベスト8に進出 秋季東京大会

2006年10月15日

 秋季都高校野球大会本大会(都高野連主催)は14日、神宮第二、江戸川区の両球場で、2回戦4試合があった。

 修徳が関東一に競り勝ち、有力校同士の対戦をものにした。都府中工は東海大菅生を下し、都立勢としては5年ぶりの準々決勝進出を決めた。

 15日には、残りの2回戦4試合が行われ、ベスト8が出そろう。

▽2回戦

明星2―1工学院大付(延長11回)

桜美林6―2佼成学園

関東一2―3修徳

都府中工11―6東海大菅生

ここから広告です
ここから広告です
広告終わり

ここから広告です
広告終わり
▲このページのトップに戻る
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 朝日新聞社から | サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク| 広告掲載 | お問い合わせ・ヘルプ |
Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.