検索とメインメニューとばして、このページの本文エリアへ検索使い方
現在位置 : asahi.com > 高校野球 > 都道府県別ニュース > 和歌山
ここから本文エリア

和歌山

北大津が準決勝に進出 秋季近畿大会

2006年10月29日

 秋季近畿地区高校野球大会(近畿地区高校野球連盟主催、朝日新聞社後援)第3日は28日、1回戦2試合と準々決勝1試合が和歌山市の県営紀三井寺球場であった。近江(滋賀)が9―0で京都学園(京都)を、大阪桐蔭(大阪)が6―0で天理(奈良)を破った。北大津(滋賀)は7―6で東洋大姫路(兵庫)を下し、準決勝へ進出した。準々決勝の残り3試合は、29日に同球場である。

 ▽1回戦

近江   5 1 0 0 0 3 0|9 
京都学園 0 0 0 0 0 0 0|0(7回コールドゲーム)

 ◎…近江は1回、1死三塁から山本の右翼線二塁打で先制。さらに川村が右越え2点本塁打した。浦井が左前安打で続くと、堀が中越え2点本塁打を放ち、この回一挙5点をあげた。6回にも山田、堀の二塁打などで3点を加えた。

 京都学園は2回、加藤の安打など、6回は玉井と河村の安打などで得点圏に走者を進めたが、あと1本が出なかった。

天理   0 0 0 0 0 0 0 0 0|0
大阪桐蔭 0 1 0 4 0 0 0 1 ×|6

 ◎…大阪桐蔭の先発・中田が天理打線を4安打、14三振に抑え込み、3回以外は走者を二塁に進ませずに完封した。

 大阪桐蔭は2回、生島の右越え本塁打で先制。4回には堀の中前安打などで2死満塁とし、那賀が左越えに満塁本塁打を放って試合を決めた。

 天理は3回、敵失と鈴木の右翼線安打で好機をつくったが、後が続かなかった。

 ▽準々決勝

北大津   1 0 0 0 2 1 3 0 0|7
東洋大姫路 0 0 2 0 0 0 2 0 2|6

 ◎…北大津は5回、左前安打で出た河合を宮里の左中間三塁打でかえして同点にし、続く浅見のスクイズで逆転した。6回には山口、河合、宮里の3連打で、7回には石川の左越え3点本塁打で追加点を奪った。

 東洋大姫路は7回、佐藤の左中間二塁打などで2点を返し、9回には陰山、香月の2者連続本塁打で1点差に詰め寄ったが、及ばなかった。



ここから広告です
ここから広告です
広告終わり

ここから広告です
広告終わり
▲このページのトップに戻る
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 朝日新聞社から | サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク| 広告掲載 | お問い合わせ・ヘルプ |
Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.