検索とメインメニューとばして、このページの本文エリアへ検索使い方
現在位置 : asahi.com > 高校野球 > 都道府県別ニュース > 福岡
ここから本文エリア

福岡

8強に福岡県勢3校 秋季九州大会

2006年10月30日

 久留米、小郡両市で開かれている第119回九州地区高校野球大会(九州地区高校野球連盟主催、朝日新聞社など後援)で29日、福岡県代表の福岡工大城東と自由ケ丘がそろって快勝し、8強入りを決めた。30日の準々決勝で、大牟田は八重山商工(沖縄)、自由ケ丘は熊本工、福岡工大城東は小城(佐賀)と対戦する。

 ◆福工大城東、主戦に自信

 ▽2回戦(小郡市)
福岡工大城東 0 1 0 0 0 0 1 2 4|8
大分豊府   0 0 0 0 0 0 0 3 0|3

 ◎…8回、1点差に追い上げられてなお2死一、二塁のピンチが続く。福岡工大城東のエース梅沢はフルカウントから、開き直ったように直球を思い切り投げ込んだ。空振りの三振。小躍りするようにマウンドから走り出すと、ベンチへ向かった。

 約3週間前にあった県大会決勝では序盤のリードを守りきれず逆転負け。突如制球を乱す悪い癖を克服しようと、投げ込みとタイヤ引きの練習量を増やして九州大会に臨んだ。

 8回のピンチをしのいだ後、杉山監督から「いけるか?」と聞かれ、「いけます」と即答。9回の攻撃では満塁走者一掃の二塁打を放ち、ガッツポーズを見せた。「今日は直球も変化球もいいコースに決まり自信になった。『投手は自分しかいない』と思って、甲子園目指して頑張ります」

 ◆1・2番が活躍、自由ケ丘が快勝

 ▽2回戦(小郡市)
海星   0 1 0 1 0 0 1 0 0|3
自由ケ丘 1 4 0 1 0 0 0 0 ×|6

 ◎…自由ケ丘の1、2番打者が計4安打を放って盗塁や犠打も決め、全得点に絡む活躍を見せた。

 1回、先頭の芹田が中前安打で出塁。2番中山の犠打で二進した後、三盗。捕手の悪送球を誘い、先取点のホームを踏んだ。

 「チャンスがあれば行け」。末次監督から自分の判断で盗塁しろとの指示が出ていた。この日、チームは6盗塁を成功させた。

 芹田は2回、1死満塁の場面でも中前に適時打。昨春の北九州市の大会でベンチ入りできなかった悔しさを胸に、自主的に続けてきたハーフバッティング1日約200球の成果を実感している。次は熊本工が相手。「おれが出れば中山が必ずつなげてくれる。1打席目から出塁し、先取点のホームを踏む」



ここから広告です
ここから広告です
広告終わり

ここから広告です
広告終わり
▲このページのトップに戻る
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 朝日新聞社から | サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク| 広告掲載 | お問い合わせ・ヘルプ |
Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.