検索とメインメニューとばして、このページの本文エリアへ検索使い方
現在位置 : asahi.com > 高校野球 > 都道府県別ニュース > 鹿児島
ここから本文エリア

鹿児島

鹿児島商、逆転白星 神村学園は惜敗 秋季九州大会

2006年10月30日

 福岡県で開かれている第119回九州地区高校野球大会(九州地区高校野球連盟主催、朝日新聞社など後援)で29日、鹿児島県代表2校が初戦に挑んだ。鹿児島商は九州学院(熊本)を破って8強入り。2季連続出場の神村学園は小城(佐賀)に敗れた。鹿児島商は30日の準々決勝で都城泉ケ丘(宮崎)と対戦する。

写真

九州学院―鹿児島商 7回裏鹿児島商2死二、三塁、適時三塁打を放ってガッツポーズをする古川。三塁手村川(5)、三塁コーチ原田(20)=久留米市

 ▽2回戦(久留米市)
九州学院 1 1 1 0 2 0 0 0 0|5
鹿児島商 0 0 0 0 0 2 4 0 ×|6

 ◎…鹿児島商は5回まで三塁を踏めない苦しい展開。「正直、コールド負けを覚悟した」と床次監督が嘆いた流れを、ラストバッターが変えた。

 「打つしかないと思った」。5点を追う6回、2死二、三塁から9番古川の打球は中前に転がる適時打。のどから手が出るほどほしかった1点を奪い、制球が定まらなかったエース福岡を立ち直らせた。

 7回に2点を奪い、1点差まで詰め寄ったところで再び古川。2死一、二塁から三塁打を放ち、逆転に成功した。三塁ベース上で見せたガッツポーズに、スタンドから歓声が飛んだ。「三塁打はあまり打ったことがないが、自信になりました」

 身長166センチとチームで一番小柄だが、床次監督は「いつも四球などでつないでくれる」と信頼を寄せている。

 ◆背番号20好投も神村学園は惜敗

 ▽2回戦(小郡市)
小城   1 0 0 3 0 0 0 2 0|6
神村学園 1 0 0 0 0 3 0 0 0|4

 ◎…神村学園の背番号20が好投を見せた。4回途中から登板した木下は9回まで投げて自責点1。「エースが頑張ってくれたおかげで九州大会まで来ることができた。勝って次も投げさせてやりたかった」。自責点4の乱調だった先発袴田を気遣った。

 木下は元々背番号1だったが、一時は登録メンバーから外れるほど調子を落としていた。今回のメンバー入りは大会直前だった。

 代わりに外れた選手は「頑張ってくれ」と声を掛けてくれた。「それまでは『自分のため』と思っていたが、『チームのため』と思って投げるようになった。負けたことは悔しいけど、今日の投球は夏につながると思う」



ここから広告です
ここから広告です
広告終わり

ここから広告です
広告終わり
▲このページのトップに戻る
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 朝日新聞社から | サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク| 広告掲載 | お問い合わせ・ヘルプ |
Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.