メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

バーチャル高校野球

第99回全国高校野球選手権大会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

島根大会の展望

石見智翠館、投打に安定

 春の県大会を制した石見智翠館を中心に、大社、益田東、浜田が絡む展開が予想される。県大会では上位進出を逃したが、開星、立正大淞南のほか、昨年優勝の出雲も後を追う。
 石見智翠館は投打に安定した力がある。2年前に夏の甲子園で投げた安藤に加え、小立、亀川と投手層が厚い。大社は140キロ超えの直球とスライダーが武器のエース長岡の出来が鍵を握る。益田東は前田、浜田は重川がともに横手から切れのある変化球を投げる。
 立正大淞南は安定した守備が健在で、開星は攻撃力が高い。連覇を狙う出雲も機動力を絡めた攻撃で上位をうかがう。(市野塊)

組み合わせ

※雨天順延で日程・球場は変更になる場合があります。最新情報は「日程・予定」からご確認ください。

島根戦績

  • 選抜高校野球大会 戦績ページはこちら
  • 全国高校野球選手権大会 戦績ページはこちら

春季・秋季大会

  • 春季大会 試合結果ページはこちら
  • 秋季大会 試合結果ページはこちら
スマホアプリで高校野球を楽しもう
プレイバック高校野球×NTTファイナンス
あの夏 新聞そのままプリント
夏の甲子園DVD
高校野球関連グッズ販売
  • 新聞宅配申し込み
  • デジタル申し込み

許諾番号:9016200040Y45039