メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

バーチャル高校野球

第99回全国高校野球選手権大会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

強組み合わせ

静岡大会の展望

静岡、威力ある二枚看板

 昨秋の東海大会で優勝し選抜大会に出場した静岡が一歩リード。25年ぶりに春季県大会を制した東海大静岡翔洋、初の甲子園出場を狙う藤枝明誠などが追う展開となる。
 静岡はともに140キロ超の直球に威力がある池谷、竹内の二枚看板を擁し、投手力が高い。打線も選抜大会で優勝した大阪桐蔭から8点を奪うなど強力だ。東海大静岡翔洋のエース飯沢は制球力が光り、4番の奥村は50メートル5秒9と足でも打線を引っ張る。藤枝明誠は右腕久保田を軸に粘り強く戦う。
 ノーシードにも昨秋の県大会優勝の聖隷クリストファー、昨夏代表の常葉大菊川、静清など実力校がおり、目が離せない。(増山祐史)

組み合わせ

※雨天順延で日程・球場は変更になる場合があります。最新情報は「日程・予定」からご確認ください。

静岡戦績

  • 選抜高校野球大会 戦績ページはこちら
  • 全国高校野球選手権大会 戦績ページはこちら

春季・秋季大会

  • 春季大会 試合結果ページはこちら
  • 秋季大会 試合結果ページはこちら
スマホアプリで高校野球を楽しもう
投票! 甲子園ベストゲーム47
プレイバック高校野球×NTTファイナンス
高校野球DVD販売サイト
高校野球関連グッズ販売
  • 新聞宅配申し込み
  • デジタル申し込み

許諾番号:9016200040Y45039