アサヒ・コム 第87回全国高校野球選手権大会 ここから検索メニュー
検索使い方
検索メニュー終わり

アサヒコムと高校野球のメインメニューをとばして、このページの本文エリアへasahi.comトップ社会スポーツビジネス暮らし政治国際文化・芸能ENGLISHマイタウン

ここから本文エリア現在位置asahi.comトップ >  高校野球  >  第87回選手権  > 特集  > 記録が語る大会史
記録が語る大会史

[記録:大会通算最多奪三振83]

鉄腕板東、驚異の奪三振記録

   板東英二(第40回、1958年)

写真

延長18回、板東は魚津から25三振を奪った

写真

再試合は徳島商が魚津を破った

写真

さすがの板東も決勝戦では柳井に打ち込まれた

 第40回大会は、記念大会として初めて全国の都道府県と沖縄の47代表が出そろった。この大会から延長戦についての規定が設けられ、勝負がつかなくても18回で打ち切り、翌日再試合を行うこととなった。その適用第1号がこの大会の準々決勝、徳島商―魚津(富山)。徳島商・板東、魚津・村椿の投げ合いとして知られる名勝負だ。なぜこの規定が生まれたのか。きっかけをつくったのも実は板東だった。

 58年春の四国大会。板東は高知商戦で延長16回を投げた。さらに翌日、今度は高松商を相手に延長25回を投げぬいた。これを見た役員が日本高野連の理事会で訴えたのが、延長18回打ち切りの規定新設につながったのである。

 そんな記録をつくるほど、板東は点を取られない投手だった。身長こそ170センチ満たないが、全身を使ったダイナミックな投法で三振の山を築いた。初戦の秋田商戦では17奪三振。続く3回戦の八女(福岡)戦でも15奪三振と危なげなく、順調にベスト8に進出した。

 徳島商と魚津の対決は、予想通り板東、村椿の両右腕の投げ合いで始まった。板東はやや荒れ気味の立ち上がりだったが、じょじょに制球が定まりだし、5回から8回まで一人の走者も出さず、7三振を奪った。だが味方打線も村椿のカーブに手こずり、チャンスをつくれないまま、試合は延長戦に入った。

 10回から17回まで徳島商が出した走者はわずか3人。板東の投球もさえまくり、魚津打線から12奪三振。いよいよ最後の18回に入った。

 徳島商は1死一、三塁と攻めた。しかしスクイズが捕邪飛となり、その後重盗で勝負をかけたが相手の好守に阻まれた。その裏、板東もピンチを乗り切り、ついに大会史上初の引き分け再試合が決まった。この試合で板東は、魚津打線から25奪三振という驚異的な記録を打ち立てた。

 翌日の再試合、魚津が村椿ではなく控えの森内を先発させたのに対し、徳島商は板東が立て続けにマウンドに上がった。板東はこの試合でも9三振をとり、大会通算66三振をマーク。この時点で大会記録の64を上回った。試合も3―1で魚津を振り切った。

 準決勝の作新学院(栃木)戦でも板東は先発完投して14奪三振。4―1で決勝へ進んだ。

 決勝の相手は柳井(山口)。さすがの板東も準々決勝から4連投の疲労感はどうしようもなかった。いつものスピードはなく、2回に押し出し四球などで3点を先取され、中盤以降にも点を失い、0―7と完敗した。試合後、板東は「精いっぱい投げたが相手がよく打った」とサバサバして答えた。

 板東は深紅の優勝旗こそ手に入れることはなかったが、延長18回の死闘と通算83奪三振という前人未到の大会記録は、球史にしっかりと刻みこまれた。


バックナンバー 一覧

[Flash]きょうのホームラン別ウインドウで開きます

大会第32

[ダウンロード]速報PDF号外

pdf

決勝は駒大苫小牧―京都外大西

各都道府県ページ

ここから広告です 広告終わり
高校野球の日程
7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

リンク

    日本高野連
    日本学生野球協会
    ▲このページのトップに戻る

    asahi.comトップ高校野球トップニュースみどころ特集大会データ日程観戦ガイド天気

    ニュースの詳細は朝日新聞紙面で。» インターネットで購読申し込み
    asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
    | 朝日新聞社から | サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク| 広告掲載 | お問い合わせ・ヘルプ |
    Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.