高校野球の総合情報サイト

ここから本文エリア

現在位置:高校野球>地方ニュース>鳥取> 記事

鳥取ニュース

元プロ4選手、球児に手ほどき 鳥取県高野連の講習会

2011年12月4日0時37分

印刷印刷用画面を開く

Check

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをdel.icio.usに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 このエントリをBuzzurlに登録

写真:元巨人の鴻野さんから二遊間の動きを教わる各校の指導者と選手ら=倉吉北高拡大元巨人の鴻野さんから二遊間の動きを教わる各校の指導者と選手ら=倉吉北高

 鳥取県高校野球連盟の指導者講習会が3日、倉吉市福庭町の倉吉北高であり、各校の高校野球指導者39人と1、2年の選手約100人が元プロ野球選手4人から攻守の手ほどきを受けた。

 講師を務めたのは元巨人の鴻野淳基さん、元阪神の鈴木伸良さんら。4人は屋内練習場で内外野に分かれて、選手らに体の使い方などを実践指導し、その様子を指導者らが見学した。

 捕手を指導した鈴木さんは「野球は予測と準備のスポーツ。盗塁を阻止するのは肩の強さではなく、走者を視界に入れて準備するだけで送球が0.1秒早くなる」と述べた。二遊間を担当した鴻野さんは「野球にはどれがいい、という方法はない。まずアウトを一つ確実に取り、間に合えば併殺を狙えばいい」と、選手らの動きをチェックした。

 守備練習後、鴻野さんは「変な癖を持つ選手はおらず、基本はしっかりしている」と選手らを評価。日野高の有山彰コーチ(31)は「鴻野さんはグラブのポケットを浅くして球を持ちかえる速さを大切にするなど、重視する点が明確で参考になった」と話した。

検索フォーム
キーワード:
高校野球選手権
高野連
プロ野球選手
センバツ
甲子園

おすすめリンク

「ツーアウト」を示す時、なぜか小指と人差し指を立てる、ボールを足で扱うと、ビックリするほど怒られる…などの「野球部あるある」を収録

メジャーでの活躍が期待されるダルビッシュ投手の軌跡をたどった初のパーソナルDVD

最高峰を目指すがゆえにトップアスリートがはまってしまうドーピングの最先端事情。

あの夏甲子園を沸かせたPLのKKコンビ、横浜・松坂、そしてハンカチ世代と、「熱闘甲子園」からもう一度見たい名勝負・名場面ばかりを集めたシリーズ

まいまいく図鑑、くるりんぱのやり方…つば九郎の仕事術・チーム愛・野球愛・座右の銘・プライベートを余すところなく収録したてんこ盛りの1冊。

年間に何度と行なわれている都内地域交流「つばさんぽ」や様々なイベント…つば九郎の初のパーソナルDVD「つば九郎でぃ〜ぶいでぃ〜2012上半期」

このページのトップに戻る