asahi.com
天気  辞書  地図  サイト案内  アクセスTop30 
サイト内 WEB
高校野球 社 会 スポーツ 経 済 政 治 国 際 サイエンス 文化・芸能 ENGLISH 
最新ニュース  特集記事  ズームアップ!代表校  地方大会の結果 
     
 home > 高校野球 > ズームアップ!代表校  
第86回全国高校野球選手権大会 地方発ニュース

北海道青森岩手宮城秋田山形福島茨城栃木群馬埼玉千葉東京神奈川新潟富山石川福井山梨長野岐阜静岡愛知三重滋賀京都大阪兵庫奈良和歌山鳥取島根岡山広島山口徳島香川愛媛高知福岡佐賀長崎熊本大分宮崎鹿児島沖縄
 
【北海道】駒大苫小牧、凱旋 空港に出迎え1700人

 第86回全国高校野球選手権大会(朝日新聞社、日本高校野球連盟主催)で、道勢初の全国制覇を成し遂げた駒大苫小牧(南北海道)の選手たちは、快挙から一夜明けた23日、地元の苫小牧市に深紅の大優勝旗とともに帰ってきた。新千歳空港には大勢の人が押し寄せ、もみくちゃの大歓迎を受けた。夕方には、高校で優勝報告会が開かれ、選手や生徒、市民らは改めて優勝の喜びをかみしめた。

 「優勝おめでとうございます。ただいま津軽海峡を越えました」。午後4時、北海道に向かう機内にアナウンスが流れた。深紅の大優勝旗の初の海峡越えに、乗客からも拍手が起こった。その約30分後、新千歳空港に到着。優勝メダルを首にかけた選手たちが到着ロビーに姿を見せると、詰めかけた約1700人のファンらから「おめでとう」「よくやった」と祝福の声が飛び交った。

 この後、選手たちはパトカーに先導され、バスで苫小牧市の高校に到着。生徒やOB、一般市民ら千人以上が出迎えた。大優勝旗を先頭に入場する選手たちに、集まった人たちから「おめでとう」「日本一」の言葉が次々とかけられた。

 午後6時から始まった報告会では、大優勝旗がステージ上で誇らしげに広げられた。佐々木孝介主将は「温かい声援があったからこそです」と礼を述べた。香田誉士史監督は「4146校の頂点に立てた。その気持ちを次に向けて、一生懸命努力したい」と来夏への意欲を話した。

 最後に、選手たちはピンチの場面で野手がマウンドに集まり、天に向けて人さし指を掲げる、おなじみのポーズで締めくくった。

 駒大苫小牧の優勝報告会は24日、札幌市の道庁赤れんが庁舎西側(午後2時半から)と苫小牧市役所前(同5時から)で開かれる。道高野連、朝日新聞北海道支社、道、苫小牧市の主催で、いずれも30分程度。

    ◇    ◇

  高橋はるみ知事は23日、駒大苫小牧高校野球部に栄誉賞を贈る方針を固めた。栄誉賞は文化やスポーツなどの分野で輝かしい活躍をし、知事が認めた個人や団体に贈られる。道代表の夏の大会の成績は昨年まで通算49勝124敗1分け。こうした中で、駒大苫小牧は全国の強豪校を次々に破り、決勝では春夏連覇を目指す済美(さいび)(愛媛)に勝って優勝旗を初めて北海道に持ち帰った。

 同賞はこれまで柔道の上野雅恵、宇宙飛行士の毛利衛、演歌歌手の北島三郎、元横綱の千代の富士貢の各氏、北大ヒマラヤ遠征隊など27個人・団体に贈られている。 (08/24)





高校野球記事一覧




トピックス
決勝の最高視聴率は46%
北海道Vに昭和基地もわく
駒苫凱旋、出迎え1700人
済美の戦い振り返る
「白河越え」は死語に?
駒大苫小牧、猛打の秘密
太田、井上の不滅の投手戦
週刊朝日増刊「2004甲子園 Heroes」
代表校一覧 沖縄 北北海道 岩手 南北海道 東東京 熊本 長崎 青森 宮崎 愛知 三重 石川 鹿児島 高知 愛媛 香川 栃木 佐賀 島根 長野 鳥取 広島 岡山 山口 兵庫 大阪 福岡 岐阜 富山 静岡 京都 山梨 徳島 福島 茨城 埼玉 群馬 和歌山 山形 神奈川 西東京 千葉 秋田 大分 滋賀 奈良 宮城 新潟 福井
白球賛歌 よみがえれ!伝説の球児たちよ
新ヒーロー誕生
松坂がノーヒット・ノーラン 横浜、劇的頂点
特集
甲子園便り〜現地より〜
甲子園の皆さんの思い出
高校野球特集記事
ZONEが歌う大会歌
原点は甲子園だった
映像で振り返る甲子園
「甲子園」表紙ギャラリー
データ
49代表校紹介
地方大会の結果
戦績データ
歴代優勝校
野球用語ABC
選抜高校野球2004
お知らせ
甲子園観戦ガイド
DVD「不滅の名勝負」
速報PDF号外のご案内
ケータイのご案内
日本高野連 日本学生野球協会



| 社会 | スポーツ | 経済 | 政治 | 国際 | サイエンス | 文化・芸能 | ENGLISH |
GoToHome ニュースの詳細は朝日新聞へどうぞ。購読の申し込みはインターネットでもできます。 GoUpToThisPage
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 著作権 | リンク | プライバシー | 広告掲載と注意点 | アサヒ・コムから | 朝日新聞社から | 問い合わせ |
Copyright Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission