大哺乳類展 陸のなかまたち 国際生物多様性年 E.T.シートン生誕150周年/W.T.ヨシモト生誕100周年
見どころ
  • 色んな形の角(つの)
  • 骨をしらべよう
  • どんな子育てをしているの?
  • 絶滅の危機にある哺乳類って?

写真提供:東京動物園協会

  • みどころ1.進化のヒミツに迫る!恐竜時代とその後に絶滅した哺乳類の貴重な化石を紹介します。絶滅した哺乳類、ディニクチス(ニブラムス科)の化石(所蔵:神奈川県立 生命の星・地球博物館)
  • みどころ2.『シートン動物記』の世界でみる動物のくらし『オオカミ王ロボ』などで知られる動物文学の父、E.T.シートン(1860〜1946)の世界から、様々な哺乳類のくらしを紹介します。
Lives of Game Animals (Ernest Thompson Seton) (1925〜28)
  • みどころ3.あのなつかしい動物たちもはく製となってやってくる!
“三大珍獣”として知られるジャイアントパンダとオカピ、コビトカバが勢ぞろい。自然界に存在しない幻の動物“レオポン”も紹介し、種とはなにかを考えます
  • みどころ4.写真家、星野道夫の動物写真も
アラスカの自然や動物を撮影した写真家の星野道夫(1952〜1996)の作品や愛用品から自然を記録する大切さを学びます。
  • みどころ5.動物を観察する技を教えます!
動物の角や毛皮にさわったり、ウンチのにおいをかいだりと、まるで森や野原などで自然観察するような体験型の展示も楽しめます。
アカネズミ・リスの食痕
  • みどころ6.2010年は「国際生物多様性年」!
数千万種といわれる地球上の生き物は互いに結びつき、バランスを保ちながら、生態系を形づくっています。その多様さや、それらが互いの暮らしに恵みをもたらす豊かさを「生物多様性」と呼んでいます。この展覧会では私たちに身近な哺乳類を通して、生物多様性についてわかりやすく学ぶことができます。
大哺乳類展 陸のなかまたち手数料無料オンラインチケットネットで買って、自宅で発券、カードで決済大哺乳類展海のなかまたち大哺乳類展オリジナル壁紙ダウンロードはこちらから