topメニューを飛ばして本文へ

英国ヴィクトリア朝絵画の巨匠「ジョン・エヴァレット・ミレイ展」

会期:
2008年8月30日(土)〜10月26日(日)
会場:
Bunkamura ザ・ミュージアム
トップ
トップ
トップ 開催概要 主な作品 アクセス トピックス
ここから本文

オフィーリアよ永遠に


 19世紀の英国を代表する画家、ジョン・エヴァレット・ミレイ(1829〜96年)の10代から晩年までの広い範囲の作品により、 画業の全容を紹介する本格的な回顧展です。ロンドンのテート・ブリテンで昨年9月から始まった本展は、イギリスでも1898年に開催された回顧展以来、初めての ミレイの大規模回顧展として話題になりました。今春、アムステルダムのゴッホ美術館で開催された後、いよいよ日本に巡回となりました。
 ミレイは、早くから天才の誉れが高く、1840年には11歳という史上最年少でロイヤル・アカデミーの美術学校への入学を許可されました。 しかし、美術学校の授業や古い慣習に不満を抱き、1848年秋にダンテ・ゲイブリエル・ロセッティ、ウィリアム・ホルマン・ハントらと 「ラファエル前派兄弟団」を結成。革新的芸術運動の中心的役割を担い、注目を浴びます。 67歳で亡くなるまで、唯美主義的作品、子供を主題とした作品、肖像画、風景画など、新たな技法を探求しながら、幅広いジャンルの作品を手がけたミレイは、当時のヨーロッパで最も人気のある画家のひとりとなりました。そして、1896年、亡くなる直前にはロイヤル・アカデミーの会長に選ばれています。
 本展は、今年が日英修好通商条約調印150年にあたるUK-Japan2008の公認イベントであり、代表作《オフィーリア》、《両親の家のキリスト》、《マリアナ》など、テート・ブリテンをはじめ、英国内外の主要コレクションから、油彩、素描など約80点を紹介します。中でもシェイクスピアの「ハムレット」のヒロインを題材にした《オフィーリア》は、テート・ブリテンでも最も人気の高い作品のひとつで、ミレイ・ファン待望の来日です。

ジョン・エヴァレット・ミレイの画業を振り返る回顧展として
以下の章構成で展開いたします。

ラファエル前派 Pre-Raphaelitism
物語と新しい風俗 Romance and Modern Genre
唯美主義 Aestheticism
大いなる伝統 The Grand Tradition
ファンシー・ピクチャー Fancy Pictures
上流階級の肖像 Society Portraits
スコットランド風景 Scottish Landscapes



ニュースの詳細は朝日新聞へどうぞ。購読の申し込みはインターネットでもできます。
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 朝日新聞社から | サイトポリシー | 個人情報 | 著作権 | リンク | 広告掲載 | お問い合わせ・ヘルプ |
Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission