asahi.com
天気  辞書  地図  サイト案内  アクセスTop30 
サイト内検索:
マネー 社 会 スポーツ 経 済 政 治 国 際 サイエンス 文化・芸能 ENGLISH 
  >視点  >市況  >悩み  >株主優待  >情報ファイル  >年金解剖学  >経済気象台  >経済を読む  >AERA発  ><解説>マネー  >投資信託   
  高校野球    
 home >マネー ><特集>年金解剖学 >年金ニュース   

   <特集>年金解剖学  
【年金ニュース】
 
国民年金収納率、福岡市が10.5ポイント減

 福岡市の02年度の国民年金保険料の収納率(速報値)が前年度より10.5ポイント減って55.5%に落ち込んだことが2日わかった。徴収事務が市町村から国に移った初年度にあたり、大規模自治体としては初のデータ。社会保険庁は今月中にも全国の速報値をまとめるが、5〜10ポイントの減少は避けられないとしている。

 福岡市の収納率は、ここ数年は1ポイント弱の減少だった。同市の担当者は「例年、政令指定都市の中でほぼ平均的な収納率」としており、大阪市などの大都市圏ではさらに下がっている可能性もある。

 景気の低迷に加え、02年度から徴収業務が国に移管されたことで、訪問要員などを多く配置していた市町村に比べ、人員やノウハウに限りのある社会保険庁ではきめ細かい対応が不足がちになっているとみられ、全国的に収納率が落ち込むとの見方が大半だ。

 全国の収納率は93年度以降連続して下がっており、01年度は70.9%と過去最低を更新した。このため、社会保険庁は悪質な未納者に対して差し押さえによる強制徴収に乗り出すなど対策を強化する方針だ。

 国民年金の収納率は加入者が保険料を納めるべき月数のうち、実際に納めた月数の割合をさす。納付期限は2年間で、2年を超えて滞納すると「未納」が確定する。

(07/03)


 関連情報  


  年金ニュース これまでの記事     一覧>> 



株価検索



| 社会 | スポーツ | 経済 | 政治 | 国際 | サイエンス | 文化・芸能 | ENGLISH |
GoToHome ニュースの詳細は朝日新聞へどうぞ。購読の申し込みはインターネットでもできます。 GoUpToThisPage
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 著作権 | リンク | プライバシー | 広告掲載と注意点 | アサヒ・コムから | 朝日新聞社から | 問い合わせ |
Copyright Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission