asahi.com
天気  辞書  地図  サイト案内  アクセスTop30 
サイト内検索:
マネー 社 会 スポーツ 経 済 政 治 国 際 サイエンス 文化・芸能 ENGLISH 
  >視点  >市況  >悩み  >株主優待  >情報ファイル  >年金解剖学  >経済気象台  >経済を読む  >AERA発  ><解説>マネー  >投資信託   
  高校野球    
 home >マネー ><特集>年金解剖学 >年金ニュース   

   <特集>年金解剖学  
【年金ニュース】
 
生活保護費の減額違法が確定 最高裁で受給者側初の勝訴

 月額2万円の共済年金を「収入」と認定され、その分生活保護費を減額されたのは違法だとして、金沢市の重度障害の男性が同市社会福祉事務所長を相手に減額処分の取り消しを求めた行政訴訟で、最高裁第一小法廷(島田仁郎裁判長)は17日、事務所長の上告を受理しない決定をした。減額は違法として処分を取り消した一、二審判決が確定した。

 「全国生活と健康を守る会連合会」によると、生活保護訴訟で受給者側の勝訴が最高裁で確定したのは初めてという。

 勝訴が確定したのは、脳性小児まひの後遺症で重度の身体障害のある高信司(たか・しんじ)さん(52)。

 年金は石川県心身障害者扶養共済制度条例に基づくもので、母親が積み立てていた。高さんは、母親が死亡した88年から受給を始めた。ところが、事務所長は94年、この年金を「収入」と認定し、生活保護費からその分を差し引いた。

 高さんは不服として県知事に審査請求したが棄却。厚生大臣への再審査請求も棄却されたため、95年に提訴した。一審、二審とも「この年金は生活保護費の上乗せ的な性格のもので、収入認定の対象にはならない」などとして高さんの請求を認めていた。

(07/17)


 関連情報  


  年金ニュース これまでの記事     一覧>> 



株価検索



| 社会 | スポーツ | 経済 | 政治 | 国際 | サイエンス | 文化・芸能 | ENGLISH |
GoToHome ニュースの詳細は朝日新聞へどうぞ。購読の申し込みはインターネットでもできます。 GoUpToThisPage
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 著作権 | リンク | プライバシー | 広告掲載と注意点 | アサヒ・コムから | 朝日新聞社から | 問い合わせ |
Copyright Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission