asahi.com
天気  辞書  地図  サイト案内  Top30 
サイト内 WEB
マネー 社 会 スポーツ 経 済 政 治 国 際 サイエンス 文化・芸能 ENGLISH 
  >視点  >市況  >悩み  >株主優待  >情報ファイル  >年金解剖学  >新証券税制  >経済気象台  >経済を読む  >AERA発  >〈解説〉マネー  >投資信託   
     
 home >マネー ><特集>年金解剖学 >年金ニュース   

   <特集>年金解剖学  
【年金ニュース】
 
年金改革、与野党協議開始へ 民主、小委設置に前向き

 与野党が年金改革を協議する衆参両院の厚生労働委員会の小委員会が、早ければ今月末にも設置される見通しになった。これまで与野党協議に慎重だった民主党が1日、「抜本改革を協議する」ことを前提に小委員会設置に応じる方針を決めたためだ。昨年5月、社会保障制度改革に関する与党と民主党の3党合意以来、進んでいなかった年金改革の与野党協議が始まることになる。

 民主党は昨年夏の参院選後、与野党協議に応じる前提として、年金制度の一元化や最低保障年金(基礎年金)の財源への消費税の充当などを与党側が認めるよう求め、「与党側が考え方を明確にしなければ協議に応じる意味がない」(岡田代表)との姿勢だった。

 だが、与党から「年金協議から逃げている」との批判が続き、協議開始に消極的との印象が強まるのは避けたいと判断。4月の衆院統一補選を前に、国会の協議の場で与党との考え方の違いを改めてアピールするのが得策として軌道修正した。

 岡田氏は1日の衆院予算委員会の集中審議でも年金の先行協議を要求。首相が「年金一元化を最初から議論していい。(先行協議に)何の異論も申し上げるつもりはない」と答弁したのを受け、岡田氏は「(与野党協議の)枠組みを作ったうえで議論ができる可能性が強まった」と語った。

 岡田氏は、横路孝弘「次の内閣」厚労相らに小委員会設置に向け、与党側との協議を始めるように指示。また、川端達夫幹事長が小沢一郎副代表に会い、与野党協議を始めることに理解を求めた。

 ただ、岡田氏ら執行部は、与党側が求める国会外の与野党協議機関の設置には「透明性が確保できない」として応じない構えだ。また、小委員会での議論が与党ペースにならないように、小委員会設置前に議論の枠組みを決める決議を衆院厚労委員会で採択するよう求める。 (03/02)


 関連情報  


  年金ニュース これまでの記事     一覧>> 



株価検索



| 社会 | スポーツ | 経済 | 政治 | 国際 | サイエンス | 文化・芸能 | ENGLISH |
GoToHome ニュースの詳細は朝日新聞へどうぞ。購読の申し込みはインターネットでもできます。 GoUpToThisPage
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 著作権 | リンク | プライバシー | 広告掲載と注意点 | アサヒ・コムから | 朝日新聞社から | 問い合わせ |
Copyright Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission