asahi.com
天気  辞書  地図  サイト案内  Top30 
サイト内 WEB
マネー 社 会 スポーツ 経 済 政 治 国 際 サイエンス 文化・芸能 ENGLISH 
  >視点  >市況  >悩み  >株主優待  >情報ファイル  >年金解剖学  >新証券税制  >経済気象台  >経済を読む  >AERA発  >〈解説〉マネー  >投資信託   
     
 home >マネー ><特集>年金解剖学 >年金ニュース   

   <特集>年金解剖学  
【年金ニュース】
 
社保庁を「年金庁」に 厚労省が構想、外局として温存

 社会保険庁の改革で、厚生労働省が政府管掌健康保険の運営を別組織に移したうえで、同庁を年金業務に特化した「年金庁」に衣替えする構想を検討していることが7日、明らかになった。同日までに与党側に内々に示した。強制徴収など公権力の行使は独立行政法人にそぐわないとの判断から厚労省の外局として残す内容だが、政府、与党からは「看板の掛け替え」と批判が出ている。

 社保庁改革をめぐっては、3月中に官房長官の下にある「社保庁の在り方に関する有識者会議」と自民党のワーキンググループがグランドデザインや改革指針をまとめる予定で、独立行政法人化や民営化などが検討されている。

 厚労省はすでに中小企業のサラリーマンと家族が加入する政管健保の運営を社保庁から切り離し、労使代表らでつくる全国組織を設けて移管する案を検討している。年金庁構想は、医療保険業務を分離した後、国民年金と厚生年金の業務に絞り込んだうえで、可能な限り仕事を外部に委託してスリム化する内容。

 公的年金業務は国による全国一律のサービスが不可欠との判断だが、与党内には社保庁の解体論も根強く、厚労省の構想が受け入れられるかは不透明だ。 (03/08)


 関連情報  


  年金ニュース これまでの記事     一覧>> 



株価検索



| 社会 | スポーツ | 経済 | 政治 | 国際 | サイエンス | 文化・芸能 | ENGLISH |
GoToHome ニュースの詳細は朝日新聞へどうぞ。購読の申し込みはインターネットでもできます。 GoUpToThisPage
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 著作権 | リンク | プライバシー | 広告掲載と注意点 | アサヒ・コムから | 朝日新聞社から | 問い合わせ |
Copyright Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission