asahi.com
天気  辞書  地図  サイト案内  Top30 
サイト内 WEB
マネー 社 会 スポーツ 経 済 政 治 国 際 サイエンス 文化・芸能 ENGLISH 
  >視点  >市況  >悩み  >株主優待  >情報ファイル  >年金解剖学  >新証券税制  >経済気象台  >経済を読む  >AERA発  >〈解説〉マネー  >投資信託   
     
 home >マネー ><特集>年金解剖学 >年金ニュース   

   <特集>年金解剖学  
【年金ニュース】
 
社会保障、与野党協議開始で一致 自公民幹事長ら会談

 自民、公明、民主3党の幹事長、国会対策委員長は9日午前、国会内で会談し、年金一元化を含む社会保障制度改革の与野党協議を開始することで一致した。ただ、協議の枠組みを巡って、衆参の厚生労働委員会の小委員会を主張する民主党と、小委員会とともに国会外に政党間の協議機関を設置するよう求める与党との溝は埋まらず、週内に改めて3党が会談して詰めることになった。

 自民、公明両党は昨年5月の3党合意に基づき、与野党協議の早急な開始と、協議の枠組みを話し合うための予備協議の実施を文書で申し入れた。

 これに対し、民主党も(1)年金制度の抜本改革への不退転の決意を示す(2)年金改革から議論し、今秋までに骨格の成案を得る(3)協議の開始前に、改革の具体的な方向性などを盛り込んだ国会決議を行う――などを与党側に求めた。

 協議の場については、与党が各党の幹事長、政調会長、国対委員長ら執行部も加わった政党間協議機関の設置を強く求めたのに対し、民主党は「国民に開かれた場で全政党が議論に参加するのに最も適当な場は国会だ」とする立場を崩さなかった。

 与党が国会外での政党間協議を重視するのは、「国会の小委員会は機動性に欠け、財源問題を含む幅広い論議に向いていない」(幹部)との考えからだ。民主党内には4月の衆院統一補選や夏の都議選では年金改革も争点になると見られることから、「与党と同じ土俵に乗るべきではない」と協議開始そのものに対する慎重論も根強く、「入り口」を巡る調整に時間がかかる可能性もある。 (03/09)


 関連情報  


  年金ニュース これまでの記事     一覧>> 



株価検索



| 社会 | スポーツ | 経済 | 政治 | 国際 | サイエンス | 文化・芸能 | ENGLISH |
GoToHome ニュースの詳細は朝日新聞へどうぞ。購読の申し込みはインターネットでもできます。 GoUpToThisPage
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 著作権 | リンク | プライバシー | 広告掲載と注意点 | アサヒ・コムから | 朝日新聞社から | 問い合わせ |
Copyright Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission