asahi.com
天気  辞書  地図  サイト案内  Top30 
サイト内 WEB
マネー 社 会 スポーツ 経 済 政 治 国 際 サイエンス 文化・芸能 ENGLISH 
  >視点  >市況  >悩み  >株主優待  >情報ファイル  >年金解剖学  >新証券税制  >経済気象台  >経済を読む  >AERA発  >〈解説〉マネー  >投資信託   
     
 home >マネー >〈紙面から〉経済を読む   
  マネー  
【〈紙面から〉経済を読む】
 
新製法に鉄鋼業界期待 高炉より設備簡単、安い原料でもOK

 急増する鋼材需要や原料高に直面している鉄鋼業界で、新たな製鉄方法が注目を集めている。「直接還元法」と呼ばれる工法は、生産規模は小さいものの、高炉のような莫大(ばくだい)な建設費用がかからず、粉状の安価な原料でも使えるのが特長だ。中小の鉄鋼メーカーでも導入が可能で、今後、国内外で普及する可能性がある。

 従来の製鉄方法は、高炉の中に、鉄鉱石と、高級な石炭(原料炭)からつくるコークスを何層にも積み重ね、下から約1500度の熱風を吹き込む。気化したコークスが機能して鉄鉱石から酸素を取り出す「還元作用」を起こし、純度の高い鉄を生成する仕組みだ。

 これに対し、直接還元法は、一般の石炭を使う。鉄鉱石と石炭を混ぜて粒状にし、固体のまま「還元」する仕組み。炉の中で熱風の「通り道」を確保する必要もない。このため、高炉に比べて設備の規模は小さい。

 神戸製鋼所が独自に開発し、昨年4月に販売を始めた「FASTMELT」の建設費は約100億円。大型高炉の6分の1程度の年50万トンの銑鉄を生産する能力がある。製造時間は高炉の8分の1と短いうえに、ほぼ同質の銑鉄ができる。成約はまだだが、現在国内外の複数の製鉄メーカーと交渉中という。

 JFEスチールは現在、東日本製鉄所(千葉地区)で、石炭を使った直接還元法の設備の実証実験中で、05年度に年産50万トン規模の技術の確立を目指す。韓国のポスコは実証実験を終え、自社での本格的な生産に向けて工場を建設中だ。

 中国を中心とした旺盛な鉄鋼需要で、国内の鋼材の供給不足が懸念されている。しかし、高炉建設は「数千億円が必要で、投資リスクが高すぎる」(三村明夫・新日本製鉄社長)のが難点だ。また、原料炭の価格もはねあがっており、鉄鋼会社を取り巻く環境は厳しさを増している。

 神戸製鋼所では「低リスクで、原料の調達コストも安くすむ直接還元法のニーズは今後、強まる」(新鉄源プロジェクト本部)とみており、05年度に約200億円、06年度には約300億円の売り上げを見込む。

(01/06)




  〈紙面から〉経済を読む これまでの記事     一覧>> 



株価検索



| 社会 | スポーツ | 経済 | 政治 | 国際 | サイエンス | 文化・芸能 | ENGLISH |
GoToHome ニュースの詳細は朝日新聞へどうぞ。購読の申し込みはインターネットでもできます。 GoUpToThisPage
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 著作権 | リンク | プライバシー | 広告掲載と注意点 | アサヒ・コムから | 朝日新聞社から | 問い合わせ |
Copyright Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission