asahi.com
天気  辞書  地図  サイト案内  アクセスTop30 
サイト内検索:
社 会 スポーツ 経 済 政 治 国 際 サイエンス 文化・芸能 ENGLISH 
     
 home >ビデオ >AP映像   
 
ライト兄弟復元機、「世紀の12秒」再現ならず 米で

Copyright 2003 Associated Press.
RealPlayer>>

 ライト兄弟が100年前に史上初の安定動力飛行に成功した17日、米ノースカロライナ州のキルデビルヒルズで、兄弟の飛ばしたフライヤー号の復元機が再現飛行に挑戦した。2回にわたって試みたものの、「世紀の12秒」の再現はならなかった。来年、再び挑戦する。

 1903年12月17日、ライト兄弟の弟オービルは、12秒間で120フィート(約36メートル)を飛んだ。

 当時と同じ米東部時間午前10時35分(日本時間18日午前0時35分)に予定されていた再現飛行は、豪雨でいったん延期。約2時間後、3万5000人が見守るなか、ライト兄弟の初飛行と同じ場所で飛行に挑戦した。

 関係者が二つのプロペラを何度も回すと、5分後にエンジンが始動。約10秒後、復元機は機首を持ち上げたが、うまく風をとらえられず、機体を右側に傾けながら水たまりに突っ込んだ。

 3時間後、再びエンジンを始動したものの、風がほとんどなく、機体を動かさずに断念した。

 復元機は、ライト兄弟初飛行100周年記念の目玉として、当時と同じ材料、同じ製造法でつくった。飛行機愛好家ら17万人でつくる米実験航空機協会(EAA)が、民間団体に委託。120万ドル(約1億3000万円)で復元した。

 復元チームを率いるケン・ハイド氏は飛行前、朝日新聞に対し、「精いっぱいの努力はしたが、ライト兄弟の飛行を再現するのは容易なことではない」と述べていた。 (12/18 11:46)


 関連情報  







| 社会 | スポーツ | 経済 | 政治 | 国際 | サイエンス | 文化・芸能 | ENGLISH |
GoToHome ニュースの詳細は朝日新聞へどうぞ。購読の申し込みはインターネットでもできます。 GoUpToThisPage
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| 著作権 | リンク | プライバシー | 広告掲載と注意点 | アサヒ・コムから | 朝日新聞社から | 問い合わせ |
Copyright Asahi Shimbun. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission