メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

09月22日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

投稿 あなたは?

マミートラックに悩んだことは?

 マミートラックについてに悩んだことはありますか。体験した方はもちろん、そうでない方もぜひご意見をお寄せ下さい。(みんなの意見はこちら

 「子育てと両立しやすい仕事だけど、キャリアにつながらない」「残業するのは無理」「仕事がつまらなくなった」「相談しづらい」「こうやってマミートラックを抜けた」などの体験談や、周りの人たちの様子、ご意見などをお寄せ下さい。

■コメント(150文字まで)

150文字

■ニックネーム(10文字まで)

※回答は、紙面や朝日新聞デジタルの記事で紹介させていただくことがあります。
※以下のメールに体験談やご意見などをお送りいただいた方には、取材のため、記者からご連絡をさせていただく場合があります。エムスタ編集部(msta@asahi.com

みんなの意見(58票)

(マミートラックという用語もそうですが)「仕事vs育児」の枠をでない両立論と、フルタイムじゃないと一人前じゃないという世論に縛られて、手も足も出ない思いでした。結局、勉強しなおして、短時間正社員として働ける専門職にキャリアチェンジ。同じ立場で実績をあげて認められている先輩方の存在は大きいです。

2017/09/22 08:48ロールモデル大事

国際協力分野の仕事をし、独身時代は海外駐在経験も。産後は家族優先で夢を諦めていました。現在は、市の男女共同参画推進員として学びつつ啓発活動を行う一方、雇われずに働く為の起業準備とスキルアップの勉強をしています。まだ道半ばですが、家事育児と両立できる希望の職が見つからず嘆くこともなく充実した毎日です。

2017/09/14 10:08神奈川県3児のママ

結婚前には高収入なクリエイティブ系の仕事をしていましたが、温かい家庭を作るのにも憧れ、29歳結婚を機に短時間労働の派遣社員へ。第一子出産後は専業主婦4年、現在は10歳と4歳の育児を楽しみながら、週3の専門職。マミートラック何それ?キャリアも子育ても完璧になんて欲張り過ぎ。大切な物を一番にすれば良い。

2017/09/13 19:53大阪42才女性

短時間だから人並みの成果を出せない、だから評価が下がるのが当然な時代のママでした。今のママ達は2割減の時間で2割減の成果だから人並みの評価が欲しいとかちゃんと文句が言える。言えるような会社にできたのは嬉しいけど、後からのママ達が昇進する中いつまでも昇進しない自分の踏み台感は複雑。

2017/09/13 19:04仕事できないだけ?

国際協力分野の仕事をし、独身時代は海外駐在経験も。産後は家族優先で夢を諦めていました。現在は、市の男女共同参画推進員として学びつつ啓発活動を行う一方、雇われずに働く為の起業準備とスキルアップの勉強をしています。まだ道半ばですが、家事育児と両立できる希望の職が見つからず嘆くこともなく充実した毎日です。

2017/09/13 13:24起業を目指す3児の母

仕事は、つまらなくなった。それは、間違いない。でも、つまらなくするかしないかは、自分の意識の問題だと思ってる。仕事は、自分で見つけるものだし、自分がやりたい仕事のために下積みしてる間隔でやるしかない。でも、途中で人に頼らないといけないが、男の人に頼むと露骨に嫌な感じを受ける。

2017/09/12 16:56ケロ

上司に子どもが保育園に行っている間は昇進試験を受けても意味がないと断言された。結局、保育園通いを10年続けていた間は昇進せず、末の子が小学生になった年に昇進した。子どもの都合で休まない人、時間外ができる人が一人前という風土を変えるのは難しい。

2017/09/12 03:35一地方公務員

「マミートラック」という言葉を初めて聞きましたが、今まさにそのトラックをぐるぐる回っているんだと気づきました。子供が成長して欲張りになった自分が悪いんだと諦めていました。出口とゴール、どちらも見えません。走り続けて、疲れてしまうのを待つしかないのでしょうか。頑張りが足りないのでしょうか。

2017/09/06 08:45ラルゴ

事務職、時短勤務しています。この春から仕事の少ない遠方の事務所に異動になりました。前の勤務地と比べると往復で1時間通勤が長くなり、時短の意味がなくなりました。しかもこの部署で出世している人が過去にいないので、フルタイムに戻っても、評価されないのではないからと思うと不安になります。

2017/09/06 08:2140代通勤長すぎ

マミートラックというと社会や企業の理解不足と感じられるけど、要は「実家等のサポートの有無によって仕事へかけられる度合いが違い、キャリアにも響いてくる不公平さ」という話だと思いました。サポートなしで子育ても仕事も頑張ってることを、キャリアとは別に評価されれば、「トラック」と思わずにすみそうですが。

2017/09/05 20:27主婦30代

時短勤務ゆえに仕事で行き詰まっています。時短と仕事の質は別だと思っているのですが伝わりません。息苦しいです。

2017/09/05 17:17おかあさんは40代

2人目出産復帰後にまさにマミートラックに。1人目の復帰後は仕事を任されていただけにそのギャップに悩む日々。上司に直談判するも、母親業が大事でしょ、と一蹴され、悩んだ挙句に社内のプロジェクトに申し込み異動しました。今は多忙な日々。時間の制限に限界も感じるけれど、あの時手を上げてよかったと実感。

2017/09/05 17:14ユニコ

4年間営業事務兼社長秘書をし、第一子出産。育休後、リストラ待機部署である軽作業部署へ異動。1年後、「正社員のクセに子供の熱等で休みすぎ」とパートになるよう促され、退職を決意。「今の仕事内容はパートでできる」と言われたので、「でもそういう部署に異動させたのは貴方がたですよね?」と吐き捨ててやった。

2017/09/05 12:37あの時言えてよかった

1歳児育児で2時間短縮の短勤務中です。限られた時間しか居れないので毎朝頼まれた案件で「上司が今日一番終わらせたい仕事」を確認しています。上司も頼んだ仕事がいつ終わるのか育児中の女性には聞きづらいようで、優しいですが不安そうです。「それは確実に今日終えます」の一言で相手を安心してもらい信頼獲得中です。

2017/09/05 07:38ゆりや

責任ある仕事=長時間労働可能なヒトにしか任せられない。といった人員配置のしかたは、やはり男性社会の名残、独身者中心の考え方だなぁ…と思います。要は責任感なのに…
頑張ってきたけれど、今はマミートラックにいるなら正社員をやめて専業主婦かパートタイマーになりたいと思います。生き殺しの感じです。

2017/09/04 22:56大阪35歳女性

8歳、6歳、4歳の子持ちです。長女出産の時に、退社しました。妊娠出産✕3で、結果、働き続けていたとしても、1年ごとに産休と復帰の繰り返しで半端だったなーと思います。子育て母だけでなく、全員が時短勤務並に早く帰るのが当たり前になることこそ、マミートラック解消への道ではと思います。

2017/09/04 22:42大阪30代専業主婦

しんどい。母親が定時で帰れる仕事に就き、家庭と仕事を両立させていてなお、それをマミートラックと捉えてさらに上を目指さなければならない時代なのか。子供が小さいときくらい家庭に重きをおいてはダメなのか。それは怠けなのか。働け働け働く母はかっこいいと煽られているが、育児ってそんな片手間でできることなのか。

2017/09/04 21:10しんどい

育休明けで時短勤務になった時、帰宅しやすいとの理由で新しい業務につく事になった。初めこそありがたいと思ったが、時短勤務では周りと差が開くばかりで、思ったように働けず、2人目の育休から復帰する頃には、重要な仕事を振られることも無くなっていった。せめて元の業務で復帰できていればと思わずにいられない。

2017/09/04 20:57岐阜のマミ

「マミートラック」という言葉を聞いて大変ショックでした。現在研究職の中間管理職で、研究員の3割が女性です。長期出張を伴う国際対応を任せたいと思っても、小さい子がいるママさん研究者には躊躇します。それをマミートラックと言われ、また任せればマタハラ、パワハラと呼ばれ、いったいどうしたら良いんでしょう?

2017/09/04 19:2650代男性

マミートラック乗ってます。出産直後は子ども最優先でした。自分自身、そうしたかったです。でも成長したら、仕事を頑張りたいと思うようになりました。自分も変化します。子育て優先であることを責められたくないです。でも仕事がしたい人にはさせてほしいです。

2017/09/04 19:08悔しいこともたくさん

本当に素晴らしくカッコ良いのはマミートラックではないでしょうか?子供を育てるのは各家庭内の出来事なので勿論社会的評価は有りません。多分キャリアウーマンは社会的評価に飢えている人の集団だと思います。本当に人類の未来を考えるなら子育てほど大切なモノは無く、子育てを否定する人は自分の存在を否定する事です。

2017/09/04 18:35CB-1

資生堂齋藤さんの記事を拝見し、泣きました。シングルで9歳の子持ちです。愛していた仕事を一度は諦め転職し、全く違う分野で、子どもが保育園にいる時間内で出来る仕事をしました。しかし3年で心がキツくなり再転職…少しは最初の職で得た物を生かせるようになりました。まだまだもがき苦しんでますが諦めたくないです!

2017/09/04 18:16ぱぱげーな

仕事と子育ての両立で、誰もがキャリアアップばかりを望んでいる訳ではない。仕事だから皆がんばるけれど、子育てに重きを置きたいママだって多いのでは。この問題提起自体が、働く母親をさらに働かせようとしているようで、個人的には疑問。

2017/09/04 18:06東京都40代ワーママ

まさに今悩んでいます。会社で初めての異業種協業プロジェクトのリーダーを2年間、任されれていましたが、今年、時短勤務にしたところ、説明もなくはずされました。モチベーションは当然下がりました。保育園より預かり時間の短くなる小1の壁を感じます。また、ダブルケア問題にも直面し、もし男だったらと悔しくなります

2017/09/04 17:59今年から時短勤務

マミートラックは日本だけのことではありません。1987年に日本の公務員としてアメリカで長女を産んだ時には、アメリカでもよく聞きました。夫は別の勤務地で、平日は住み込みの手伝いと0才児と私だけの生活。育休はなく8週間の産休後にフルタイムで復職しました。子育て中は出張はできず、ガラスの天井はありました。

2017/09/04 17:0460代まご1人

出産前に勤めていた会社はマタハラでリストラされました。それから10年、自営等色々試行錯誤し今はアルバイトです。1人1人の働き方を認めてくれる働きやすい会社で人間関係も良好ですがキャリアアップはできません。同僚のシンママや稼ぎたい人は転職していきます。既に40半ば。最近キャリアは諦め気味です。

2017/09/04 16:49まっかーとにー

息子が3歳の時離婚して実母と同居。元上司から誘われて育児と仕事を両立できる職場に復帰しました。当初はやりがいは減ったと感じましたが、今、息子は大学生。育児しながら仕事ができる環境に感謝しています。今思えばバリバリ働いていた頃の自分と比べていただけかもと思います。

2017/09/04 16:3550代女性

人材業界です。外回りの営業担当から、育休から復帰すると、内勤の営業サポートの部署がつくられ、その担当に。営業所初の育休復帰者のためにと新設してくれた部署ではありましたが、やりがい、面白みがなかなか感じにくいのも事実。
その時に、とってもチャレンジができそうで興味深い求人があり、思い切って転職しました

2017/09/04 15:59大阪の40代働くママ

国内海外出張のある仕事を減らし、夜の会議も減らしたら、業績がなく、後から入社した子なし独身女性に追い抜かれた。育休中、深夜の国際電話会議が辛く、プロジェクトのリーダーをおりた。涙が出た。どうしても両立できなかった。

2017/09/04 15:54メダカ(40代)

元々いた部署は深夜残業が当たり前。復帰を希望したところ、時短社員のサポートできないと名言され、社員数が多い本社へ出向に。同じ職種かつ人的サポートもあり本社はとても働きやすいが、査定は出向元の職場がつけるというシステムのため、本社でいくら実績をあげても査定に繋がらずもんもんとしている。

2017/09/04 15:44ナナヲママ

目の前の事から逃げない。一生懸命取組む姿は、必ず誰かがみている。達成したい事を具体的にしてノートの片隅に書き、いつでも忘れない。会社で時短をおしているものに重要な仕事は任せられないと言われて、悔しくても、家に帰ったら笑顔。4歳になれば子供は丈夫になる。自分から会社を辞めると言わない。つらくても笑顔。

2017/09/04 15:41営業2.5億

我が家の夫はかなり育児をする人なので、彼は彼で、パピートッラック(!?)に乗らされている感があり申し訳ない気も。女性固有の問題ではなく、仕事と両立させなければならない家庭の責務を負っている人全体の問題として捉えたいです。名誉男性みたいな女性だけ幹部職に並べても、女性の活躍とは言えない気がします。

2017/09/03 13:362000年から母

こどもふたりになり、徒歩10分の職場へ、転職。両方の実家さん、病児保育など利用して、会議にもしっかり参加できるようになりました。クラス担任もしています。

2017/09/02 19:42千葉県37才保育士

52歳、公務員です。悩み前進する皆様にエールを送りつつワーキングママとして復帰できる社会環境を羨ましく思います。社会人として基礎を学ぶ時期に私は夫や4人の父母の価値観に負け、離職。息子3歳の時に週1受付と内職での復帰でした。7年前から現職正規ですが、一人前になる頃は定年。重ねて介護は育児と同様の壁。

2017/09/02 19:33ミセスM

職場の理解や夫との分担などよりも、現実は「祖父母(とくに実母)の協力」が結局は子育てと仕事を両立するため不可欠なのだと思う。身の回りのキャリアを積んでいるワーキングママで、実母の協力がない人はいない。逆にそれがない女性は次々に退職するか、責任は軽いが休みやすい仕事に転職している。

2017/09/02 17:13まりえん

息子が生まれてくる頃に離婚せざるを得ない状況になり母と兄のいる実家に住まわせてもらってます。保育園を決めるのも、就活もとても大変でした。面接時に子供が居ると言うと顔色が変わるのが分かりました。シングルマザーの働ける場所は本当に限られています

2017/09/02 17:08ろみ

出産後こども仕事を始めたがパートタイマーとしてだった。子育てと両立しやすい環境で、今もこどもが体調を崩したときも柔軟に対応してもらって感謝しきれません。それでも自分にもっとできることもあるし、講習会や勉強をもっとしたいがお迎えの時間やパートである制限がある分もどかしい気持ちを常に持っています。

2017/09/02 10:44世田谷区30代ちゃ

マミー(母)の仕事は子供優先じゃない?キャリアを優先したくなるから【マミートラック】なんて言葉があるんでしょ。何のためにキャリアアップが必要なのか、そもそも何のために仕事をするのか。こんなことで悩むなら、子供産まなければいい。一番大切なものは何?キャリアは歳をとってもアップできるのに。

2017/09/02 08:17コウコ

マミートラック、初めて知りました。人生その時に優先、頑張りたい事は皆それぞれ違うわけで、仕事しながら家事も育児も何もかも完璧に出来ないのは当然。齋藤さんのようにその時に出来る事を精一杯やる!そうすればまた新な道、方法がみえてきて頑張れるのでは?と思いました。母である事を言い訳にしたくないなぁと。

2017/09/02 08:15あこ(40代)

マミートラック乗ってます。子育てと両立できるような業務ですが、全くキャリアには繋がらない業務でやりがいは。。。でも育児を考えると定時勤務、残業は難しい。完全にジレンマに陥って毎日悶々としています。一時は結婚すら後悔しました。抜けたいけど、でも今の仕事を辞めたくない。

2017/09/02 07:10おー

急がば回れ、マミートラックから抜け出すには、目の前の仕事を前向きにやって行くのが近道なのかなと、マミートラック5年目の今、思うように。
次男3歳になり、自分のキャリアについて考える余裕も。フリーランスを考えるも、当面は収入減、将来の保証もなく、思い切れず。でも、茹でガエルにはなりたくない。。

2017/09/01 21:515周目

今年4月に2度目の育休から復帰。希望の園に入れず時短勤務。上司からは「ゆっくりやって」と。周囲からは羨ましいと言われるけれど、私は昇格したい。重要な会議も私の退社後。上司に「会議で発言したい」と熱く語ったら、3日後に会議時間がランチタイムに変更のお知らせ。上司からは「言われないとわからないから」と。

2017/09/01 21:29小1の壁も同時進行中

完全にマミートラックにはまってました。ただ、子供が小さい頃は自分でも何が起きるかわからないので自分から仕事を受けられますといえないということもあり、仕方ないのかなと自分を納得させてました。今技師になりましたが、短時間勤務なので大して給料はあがらず責任だけ押し付けられる状況に悩む日々です。

2017/09/01 19:4730代会社員

マミートラック爆走中です。夫は常に仕事で居ないし実家は病気や介護で頼れない。婚家は手伝うと言ってくれたのですが実際は夫が風邪ひいたのが伝わるだけで奥さんがしっかりしないからと義母や義妹からメールが押し寄せるので叶わず。無理して体を壊して今に至ります。子供が自立したら離婚できるよう仕事を増やします

2017/09/01 19:19教育系専門職

夫の赴任と不妊の為一旦仕事を辞め出産。2年半のブランクで同じ職場の同じ専門職に戻ったが幼子がいて熱を出すからとバイトでしか雇われず賃金は以前の4割に。契約に戻る際も時短を取るならバイトでいてと言われた。待機児童やワンオペ育児、非同一労働同一賃金等、出産した女性が仕事を続ける事が未だ難しい少子化の国。

2017/09/01 19:16東京の40代ワーママ

私は、マミートラック乗った→抜けた→また乗った?
今の会社にいる限り、周りの人が残業前提で仕事を割り振られる中で、自分も残業できる宣言するか、家で仕事するかしないと、同列には並べないという結論に達しました。
自分で変えてくしかないですね。

2017/09/01 19:03ミドルエイジ

元々事務員だったため、パート復帰しても対して仕事内容は変わらなかった。ただ、確実に時間(期限)内にできない事を頼まれる事がだんだん増えてきて、既にいくつか仕事を断っている。仕事と家の往復の毎日は何の代わり映えもなく、とてもつまらなくなった。夫婦ともに実家が遠いのでなかなか思うようにはいかない。

2017/09/01 19:00やりたけさん

小さな子供がいて、祖父母は遠方。子供の体調不良は自分で見るしかないのに、上司から「欠勤は査定にマイナス。数字は取れてもプラスマイナスゼロ。」との通達。子供がいると査定がプラスには出来ないと気付き退職しました。

2017/09/01 14:3730代転職成功

マミートラック乗りました!定時で帰れ子供の熱で休んでも理解されるから、割り切って働きました。しかしやり甲斐ゼロ。働く時間でなく成果で評価されるフリーランスの方が、大企業事務営業職より良いと思いました。早くからスキルを勉強せよと昔の自分に言いたい。フリーランスになり報酬は減っても、今の方が好きです。

2017/09/01 14:10成果型評価職種に転職

現在育休中。もう少しで女性初めてのリーダー職へというところで妊娠判明。嬉しかったけど復職後周りの気遣いでマミートラックのせられるのではないかと不安。時間に制約があるだけで能力は変わらないはずなのに。

2017/09/01 13:26京都市 40代女性

今年同期が昇格しました。私は時短取り続ける限り昇格はありません。もっと仕事をしたいという気持ちと、子供はかわいく育児優先したいという気持ちの狭間で常に揺れています。結論は出ません。2つを求めるのは贅沢だとキャリアはあきらめるものなのか...悶々とする日々です。

2017/09/01 13:15営業職

資生堂の齋藤さんの記事、うなずきながら読んでしましました。私は結婚も出産も遅かったのですが、その間めいっぱい仕事をしてきました。実際に独身のペースで仕事をこなそうとすると、人の助けがないと無理です。助けがない場合は、どこかで折り合いをつけて働くしかない、のでしょうね。モヤモヤしてます。

2017/09/01 12:40たまお

職場のリーダーが独身女性が多いため、残業、出張、早朝出勤などの融通がきかないワーママは完全にマミートラック状態です。。女性活用のこのご時世ですが、どうしても男性並みに働ける女性の活用が目立つ気がします。

2017/09/01 12:4033歳@トラック乗車

重要な仕事を任されないのは、マミートラックにいるからか、私に能力がないとみなされているからからかわからないのです。私って使えない?ママって使えない?

2017/09/01 12:31

私もマミートラックに乗せられました。
でもすぐに降り、フリーランスになりました。
会社員で無くとも仕事はできます!
ワーママ負けないで欲しい。
色んな働き方がもっともっと増えて欲しい。

2017/09/01 12:31東京アラフォー

幼稚園でパートタイマーで働いてます。今までの社会経験、育児経験を生かして欲しい!と採用されたはずが、掃除や草取り、汚物処理がメインの仕事。家庭と仕事を両立したいと上長に相談したら贅沢だと一刀両断されました。長時間労働・無給残業に対応できないと認めてもらえない、第一線にも立たせてもらえない現状です。

2017/09/01 12:29神奈川県のママ

マミートラック…私も悩んでいます。抜け出すために、ちょっと大変な仕事にも挑戦したい気持ちはあるけれど、もしそのときに子どもが熱を出したりしたらどうしよう…と、なかなか踏ん切りがつきません。そしてまた鬱々と悩んでしまいます。

2017/09/01 09:24温泉大好きママ

子どもができてから夜勤をしていません。その分同僚がしてくれているので、申し訳ないとずっと思っています。フルで働いていないとわからないこともあり自信も持てません。負い目なく仕事をしたいです。

2017/08/31 20:44トラックに乗ってます

最終更新日:2017/09/22 14:32:56

投稿方法

【1】選択肢からご自分の回答を選びます。
【2】コメント(最大150文字)とニックネームと職業(最大10文字)を入力し、「この内容で確認する」ボタンをクリックします。今後、記者の取材に応じていただける場合は、ツイッターアカウントも記入してください。
【3】内容を確認し、「この内容で確定する」ボタンをクリックします。

投稿内容について

・誹謗中傷、いやがらせ、差別、暴力的な表現、営利目的や広告目的とみられるもの、社会通念上、わいせつな内容や不愉快だと感じさせるもの、その他公序良俗に反する内容、第三者または当社の権利を侵害するもの、選挙報道の公平性を損なうものなど、当社が不適切だと判断したコメントは公開しない場合があります。
・ツイッターアカウントを記入した方には、取材のため、記者から連絡をさせていただくことがあります。
・投稿されたコメントは、即時には反映されません。

tagVERY

!

スクラップブックの保存可能件数が5,000件に

!

紙面イメージの「地域面」がさらに充実したものになりました

注目コンテンツ