メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

01月17日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

おバかわいいね写真館(望月やすこ講評)

毎日、面白い行動や表情を見せてくれる子どもたち。いたずらやグズグズも、ぐっとこらえてパチリと撮れば、きっと笑いに変わるはず

子育ての日常の一コマを写真で送って下さい。
カメラマンの望月やすこさんが選び、講評をつけて紹介します。ご応募受け付け中!!
望月さんの作品集はこちら

応募要項はこちら

上下よ~し!

上下よ~し!

投稿者おさるのママ さん

モチコ先生から

2018年1月13日

 「車で出発しようとしたときに後部座席を振り返るとこの姿。発車前はシートベルトと子どもの上下も確認しようと思いました」とお母さん。バスが発進する時に運転手さんが「右よ〜し、左よ〜し」って安全確認するあの行為。男児だと「上下よ〜し」になっちゃうんですね。

 それにしてもなぜ男児の行動はこんなに想定外なのでしょう。かれこれ10年男児を育てていますがいまだに理解できないことが多すぎます。彼のポーズをならって修行に励んだら…わかりますかね?

モチコ先生

  • エムスタ
  • ×
  • wellnote
「写真でママを笑顔に」project別ウインドウで開きます

 日々、育児に奮闘しているママに、ほっとひと息、笑える時間を。朝日新聞紙面とデジタル版で展開する子育て世代のニュースサイト「エムスタ」と、家族間限定SNS「ウェルノート」は、「写真で笑顔に」を合言葉にコラボレートします。
 ウェルノートは、ママ、パパ、おじいちゃん、おばあちゃんなど、家族間で手軽に写真や動画を無料で共有できるSNSサービス。お子さんの毎日の表情、成長ぶりを楽しめます。ご利用はこちらから。 http://wellnote.jp/別ウインドウで開きます

  • Androidアプリダウンロード
  • iPhoneアプリダウンロード
  • 無料会員登録(PC版)
おバこわ!

おバこわ!

投稿者ボリ子 さん

モチコ先生から

2018年1月2日

 シャイニング! わかる人だけでいいからわかって欲しい!このシャイニング感。ジャック・ニコルソン主演のあのホラー映画の名場面そのものです。で、これは一体何を?何をしているんでしょう。

 えーっと、撮影時の状況説明を読むとですねえ、「母が長男の耳かきをしていたら、ヤキモチ焼きの三男がそーっとのぞき見し、必死にジェラシーをおさえている様子」だそうです。ちょっとホラーなこの作品。ぜひ「おバこわ」作品と呼ばせてください。

モチコ先生

寝クロ(シンクロ)

寝クロ(シンクロ)

投稿者ぴーぼーママ さん

モチコ先生から

2017年12月25日

 さっきから、もう十数回もスマホの画面スクロールを繰り返して見ていますが、見れば見るほど笑いが込み上げます。だんだん本当のシンクロナイズドスイミングに見えてきました。どうしよう、今20回をこえましたが、いよいよ私の耳にリズミカルな音楽まで聞こえてきました。

 ママいわく「仲良し姉弟の2人は毎日のように寝相がシンクロしていて、いつの間にか寝相集ができるくらいに撮りたまった」とのこと。

 ああー私はそれを見たい!そしてその写真を潜らせたりジャンプさせたりして遊びたい。

モチコ先生

チャックじゃなくて…

チャックじゃなくて…

投稿者とも さん

モチコ先生から

2017年12月17日

 口にチャック!は聞いたことがあるけど、口にばんそうこうって!

 「痛いとこに貼るから、というのでケガしてったけ?と思いながら渡すとこの状態に。しばらく静かで良かったです」とお母さん。

モチコ先生

うひょー

うひょー

投稿者ふくちゃん さん

モチコ先生から

2017年12月9日

 「母からメガネを奪うことに成功しメガネの中の世界にびっくり。うひょーとなった様子です」。

 他人のメガネをかけるのはあんまり良くない…良くない…良くないのは知っているけどかけてみたい。メガネをかけるだけで、今見ている世界が違って見えるあの感覚。不思議ですよね。うひょー!ってなっちゃうのもよ〜くわかります。

モチコ先生

冒険のアイテムは?

冒険のアイテムは?

投稿者ピヨ母さん

モチコ先生から

2017年12月1日

 1人で2階に向かったけれど…怖くなって途中で泣いてしまいました。1歳4カ月ちゃんにとっては家の中を歩くだけでも大冒険! そりゃあ1人で行くのは恐いよ〜。

 お母さんによるとかばんの中身はオ・ム・ツ。やっぱり冒険にはこのアイテムがなくっちゃね!

モチコ先生

姉妹愛

姉妹愛

投稿者ばーば さん

モチコ先生から

2017年11月26日

 「家の中で風船で遊び、勢いあまって食卓のコップを倒してしまった姉。ママに叱られ泣いていたら、まだつかまり立ちを始めたばかりの小さな妹がなぐさめていました」というおばあちゃんからの応募です。

 2人の気持ちがよく伝わってきますね。それをそっと見守る祖母。この1枚から家族の愛が垣間見えてきます。

モチコ先生

バタンキュ~

バタンキュ~

投稿者小猿 さん

モチコ先生から

2017年11月23日

 学校から帰宅しそのままの姿で力尽きる男児。実は最初、玄関前で酔いつぶれるサラリーマンに似ているな、って思ったんです。けれどもやっぱり11歳!寝ている姿に若さの勢いみたいなものがあるんですよね。起こすべきところですがここはひとつ、お母さんも横で一緒に寝ちゃいましょうか。

モチコ先生

前向きです

前向きです

投稿者おたふく息子 さん

モチコ先生から

2017年11月11日

 「見て見て、すごいでしょ?」と呼ばれて振り返ったらこうなっていたそう。おわんを頭に乗せるバランス感覚より頬かむりが気になって仕方ないです。

 「実はこの時おたふくかぜにかかっていて、おたふくフェイス真っ盛り。それが恥ずかしかったのかなぁ」とお母さんからコメントがありました。なるほど!恥ずかしさを笑いに変えたのか! 5歳の前向き思考。私も見習わなくっちゃ。

モチコ先生

砂利だ!

砂利だ!

投稿者ご飯もりもり さん

モチコ先生から

2017年11月3日

 「公園で靴を履いて歩く練習を始めたばかりの息子。初めて砂利に手をついてしまい、この表情…」。

 ヘレン・ケラーが水に名前があることを知ったあの「ウォーター!ウォーター!」の名場面を思い出したのは私だけでしょうか? 人生で初めて「砂利」に触れた瞬間。こんな瞬間が撮れるのはスマホ時代ならではですね。

モチコ先生

プロフィールモチコ先生 望月やすこさん

フリーカメラマン。1972年生まれ、息子は9歳と5歳。静岡県在住。ママ向け写真講座の講師を務める一方、最近は地元のテレビ番組への出演も。著書に、静岡県内の無料の遊び場を集めたガイドブック「子連れのタダビバ」シリーズ (静岡新聞社)。子どもの達の喜怒哀楽の写真とともに、実感たっぷりにわかりやすく紹介。

子育て写真 応募要項

子育て写真の応募は、メールに以下の項目をお書きのうえ、写真画像を添付して、(msta@asahi.com)までお送りください。

〈1〉投稿者の氏名、年齢(公開しません)
〈2〉電話番号(掲載時に確認の連絡をすることがあります)
〈3〉掲載時のニックネーム
〈4〉撮影時の子どもの年齢
〈5〉投稿者と子どもの続き柄(父、母、祖父母など)
〈6〉撮影時の状況説明

 【注意事項】
・写真は投稿者ご自身や家族が撮影したものをお送り下さい。他のメディアで発表していないものに限ります。公序良俗に反する写真はご遠慮下さい。
・写っているお子さんの保護者の承諾を得て下さい。投稿された写真については承諾があったものとみなします。
・写真は朝日新聞デジタルに掲載します。使用権は朝日新聞社に帰属します。
・お送りいただいた画像データは返却できません。あらかじめご了承ください。
・応募後の取り消しなどの連絡はメールでお知らせ下さい。

tagVERY

!

アプリで1日ごとの紙面データ削除が可能に

!

MYキーワードにフォルダ並び替え機能を追加しました

注目コンテンツ