メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

11月17日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

南極特集 【第6回】ペンギン(2)

 マイナス60度、まつげが凍り、厚い手袋の中で指先の感覚が消えてゆく。1000キロ四方、誰もいない。見渡す限り、白い世界。南極へは2003年と2009年の2度、足を踏み入れ、1年半余りを過ごした。南極でしか会えないものに会いたかった。でも、気づいたのは、見慣れていたはずの太陽、空、海、そして雪や氷が、これほどまでに表情豊かだったこと。人を寄せつけない厳しさと人を惹きつけてやまない美しさを前に、何万回シャッターを切っただろう。凍てつく大気の向こうに広がっていた、生まれたままの地球。その風景を8回にわたって写真で紹介する。  6回目は再び、ペンギン。極寒の地を生きるペンギンたちの姿をお楽しみください。(朝日新聞 南極担当記者 中山由美)

写真をクリックすると、大きな画像が表示されます。環境によっては表示に時間がかかる場合があります。

購入・利用について(おわけできない写真もあります)

コウテイペンギン

  • さすが“皇帝”の威厳たっぷり、コウテイペンギン

  • ペンギンでは最大、120~130センチにもなる

  • 腹滑りもどっしり、体重は30~40キロ

  • 寒いと体を寄せ合う。大きな群れになると、“おしくらまんじゅう”してしのぐ

  • 潜りは得意、20分以上、深さ500メートルも行けるよ

  • 海氷上ではフリッパーをぴたりと体につけ、のっしのっしと歩く

  • 極寒の冬、氷の上で卵を産んで子育てする

  • 向かい合っておじぎをするように、ガガガーと鳴く。これは求愛の表現

  • さてこのカップルは……?

アデリーペンギン

  • 「どう?このアフロ?」産毛が残るアデリーペンギンのひな

  • 「じゃあ、こんなのはどう?」

  • 産毛がまだ抜けきらないヒナ

  • 1月は南極の夏。大陸沿岸でアデリーペンギンによく会う

  • ジャンプ!

  • ちびさんたちは、まあるくなってひなたぼっこ

  • ヒナたちは遊びながら、海に入る練習をしているみたい

  • 産毛がよだれかけみたい

  • 「あれっ、マフラーしているの?」「羽毛が生え替わっている途中なんだよ」

  • 素敵なコート?

  • 海辺のアデリーペンギンたち

  • 海から飛び出たところでばったり

  • 着ぐるみペンギン!? 夏毛から冬毛へ生え替わり中

  • ペンギンですよね!? 羽毛の生え替わり時期はおかしな姿があちこちに

  • 流氷の上のアデリーペンギンたち

  • 「観測船しらせと記念撮影しちゃおうかな!」

  • アデリーペンギンたちはクラウン湾に入った観測船しらせに興味津々

  •  

ペンギンの親子

  • 夏はアデリーペンギンの子育ての季節

  • アデリーペンギンは南極大陸沿岸の岩場に集まって子育てする

  • 集団は数百から数千羽。なかには約10万羽もの所もある

  • 昭和基地近くの大陸沿岸にも数百羽が

  • 親たちが海へエサを捕りにいっている間、ヒナはお留守番

  •  「ボクのお母さんどこかな?」集団のなか親子は声で互いを捜す

  • エサはナンキョクオキアミ。親が胃袋に貯めて、我が子に口移しで与える

  • ふんは淡いピンク色

  • 「さぁ、ご飯よ」

  • 綿ボコリかぶっちゃったみたい?ヒナは灰色の産毛に包まれている

  • 「エサはどこから捕ってくるの?」「海の中よ」

  • 「ねだってばかりいないで。そろそろ自分でエサを捕る練習しないとダメよ」

  • 生まれて1カ月半でこれくらい

  • 大人になれば70センチくらい、体重は3~5キロくらいになる

  • 大人の羽毛になれば、水をはじく脂を塗ってコーティングして海へも入れるぞ

  • 1日で何十キロも歩ける

  • 巣立ちは2月末~3月。あともう少しだね

  • 夏の終わり、ヒナは灰色の産毛が抜け始める

  • 白黒の大人の羽毛に生え替わるまであとちょっと

  • 「ねぇ、お腹空いた!」

  • 「食べ物ちょうだい!」体が大きくなっても甘えるヒナ(左)と親

  • 「ねだってばかりはダメ。そろそろ海へ入る練習よ!」

  • 「エサを探しにいってみよう!」

  • 「海だ!」

  • 「あれ、みんな昼寝?」

  • 「う~ん、気持ちよかった」

  • アデリーペンギンの目は白い縁取り

  • 眼光、意外に鋭い?

  •  
  •  

コウテイペンギンとアデリーペンギン

  • 「コウテイさんですか?アデリーですよ」

  • 海氷の上でばったり。「大きいね」「小さいね」

  • 営巣地は離れているので、コウテイとアデリーを一緒に見かけることは珍しい

  • 「アデリー君たち、皆でどこ行くの?」

  • 「ぼくも行ってみよう」「うん?1羽でかいの、まじってない?」

  • 大きさ歴然!アデリーは70センチほど。コウテイは120~130センチ

今、あなたにオススメ(PR)

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】クルっと変身が楽しい!

    話題の3D&360対応カメラ

  • 写真

    【&TRAVEL】ホータンからチャルチャンへ

    玄奘三蔵が歩いた道・帰路編

  • 写真

    【&M】“AVの罪”をどう考えるか?

    湯山玲子がしみけんに直撃!

  • 写真

    【&w】決め手は夫のあの一言だった

    『人魚の眠る家』篠原涼子さん

  • 写真

    好書好日やり投げ界のエースの修業

    新井涼平、90m超え目指して

  • 写真

    WEBRONZA海を漂う魚の幼生の謎を追う

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン「無病息災」を願って贈る

    おいしくてヘルシーな手土産

  • 写真

    T JAPANデュシャンと日本美術の共通点

    便器と竹筒が、なぜアートに?

  • 写真

    GLOBE+子どもがもし障害者だったら

    きょう公開 いろとりどりの親子

  • 写真

    sippo猫の性格は毛柄で決まる?

    大学でまじめに調査

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ