メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

11月13日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

南極特集 【第2回】南極海

 マイナス60度、まつげが凍り、厚い手袋の中で指先の感覚が消えてゆく。1000キロ四方、誰もいない。見渡す限り、白い世界。南極へは2003年と2009年の2度、足を踏み入れ、1年半余りを過ごした。南極でしか会えないものに会いたかった。でも、気づいたのは、見慣れていたはずの太陽、空、海、そして雪や氷が、これほどまでに表情豊かだったこと。人を寄せつけない厳しさと人を惹きつけてやまない美しさを前に、何万回シャッターを切っただろう。凍てつく大気の向こうに広がっていた、生まれたままの地球。その風景を8回にわたって写真で紹介する。  2回目は南極海。氷と光が織りなす美しい光景をお届けする。(朝日新聞 南極担当記者 中山由美)

写真をクリックすると、大きな画像が表示されます。環境によっては表示に時間がかかる場合があります。

購入・利用について(おわけできない写真もあります)

観測船「しらせ」、南極へ

  • 暴風圏 南緯40~60度は荒れ狂う海。「しらせ」は波をかぶり大きく傾く

  • 白夜の海 深夜でも太陽が見える夏。白夜に南極海が輝く

  • 漂う氷の海 南極大陸ももうすぐ

  • 砕氷 夏でも、海氷の厚さは4~5メートルになる

  • 流氷の上にアデリーペンギンをみつけた 

  • ペンギンに「しらせ」はどう映っているのだろう

  • 流氷に乗ってどこまでも

  •  

光と寒気と

  • 夏、深夜でも太陽は沈まない

  • 薄氷キラキラ

  • 陽光にきらめく

  • 5月、昼間でも太陽は低い。もうすぐ極夜の冬

  • 冷え切った大気に触れた水蒸気がまるで湯気のよう

  • 彼方に氷山ゆらゆら

  • 夏、沈まぬ太陽の光は鏡のような海面に輝く

  • 氷に閉ざされた海は鏡のよう

  • 氷海の彼方に氷山

  • 夕暮れの氷海

  • ペンギンも流氷の上から、なにやら見物中

  • 寒気の向こうに揺らぐ氷山

南極大陸に迫る

  • 大陸から滑り落ちた氷山

  • ヘリコプターで氷山を越えて

  • 氷山、大陸から海へ

  • 氷山が生まれるところ

  • 海氷の上はこんなところも

  • 昭和基地へ向かうヘリから

  • 陽光で薄くなった海氷が青く輝く

  • 夏の日差しに海氷も緩む

  • 南極大陸から海へ張り出す広大な氷

  • 観測船しらせ、クラウン湾到着

  • クラウン湾につける観測船「しらせ」

  • 海に張り出す広大な氷は夏でも溶けない

氷山と棚氷

  • 氷山もさまざまな形がある

  • いろんな角度から眺めてみると……

  • 眺める方向で違った形に見える

  • 大陸から滑り落ちたテーブル型氷山

  • 観測船「しらせ」と並んで海上を漂う氷山

  • どこまで流れて行くのやら

  • 島のような巨大な氷山

  • 流氷のむこうにみえる棚氷。南極大陸からつながり、海の上に広がる

  • 巨大ビルみたいな氷山

  • 大陸からクラウン湾に張り出した棚氷。

  • 大陸から張り出したアメリー棚氷

  • 巨大な棚氷はどこまでも続く。南極の棚氷の面積は日本の4倍にもなる

今、あなたにオススメ(PR)

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】クルっと変身が楽しい!

    話題の3D&360対応カメラ

  • 写真

    【&TRAVEL】要塞化された薩摩の武家屋敷

    城旅へようこそ

  • 写真

    【&M】斬新なロシアの水ギョーザ

    色気を感じる「ペリメニ」

  • 写真

    【&w】すべての生命に感謝をこめて

    「Creation:」

  • 写真

    好書好日干ししいたけ老夫婦が大活躍

    人気絵本「ほしじいたけ…」

  • 写真

    WEBRONZAGW10連休に反対

    今日の編集長おすすめ記事

  • 写真

    アエラスタイルマガジン現代の社長が語る若き自分

    実績がなくても行動が大切

  • 写真

    T JAPAN復活した「フォアグラ」の魅力

    ギィ・マルタンシェフが語る

  • 写真

    GLOBE+狂言とVRはつながっている

    時代を軽々越える野村萬斎

  • 写真

    sippo獣医師をやめて弟子入り

    異色の落語家・林家卯三郎さん

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ