メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

07月19日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

事件は世相を映し出します。傍聴席から、『現代(いま)』を見つめます。

記事一覧

写真・図版

息子を檻に20年 法廷が問い詰めた「なぜ」に父親は(2018/7/17)

■きょうも傍聴席にいます。 重い障害ある長男を何年にもわたって、立ち上がることもできないほど狭い檻(おり)の中に閉じ込めた理由はなんだったのか。監禁罪に問われた父親の公判では、この点に注目が集まった。……[続きを読む]

関連キーワード

  • 被害者参加と優先傍聴制度(2011年04月20日 朝刊)

    被害者や遺族は刑事裁判に参加し、検察官のそばに座って被告に質問したり量刑意見を述べたりすることができる。殺人など生命や身体にかかわる事件が対象。刑事訴訟法の改正で、2008年12月以降に起訴された事件に適用されている。最高検によると、昨年5月末までに1375人の参加が許可された。また、裁判所は一般の傍聴希望者が多い事件で、00年施行の犯罪被害者保護法に基づいて被害者らの傍聴席を優先的に確保することができる。昨年12月の山崎前社長の初公判では112席のうち40席が対象となった。

  • 手錠・腰縄の運用(2016年09月29日 朝刊)

    主に刑務官が従うべきことを記した刑事収容施設法は、被告人を法廷に護送する時に逃げたり誰かを傷つけたりする恐れがある場合、裁量で「縄か手錠を使うことができる」と定めている。一方で刑事訴訟法は「公判廷では被告人を拘束してはならない」と定めており、少なくとも開廷中は外さなければならない。法廷から被告人が逃走する事件も起きている。今年9月には神戸地裁姫路支部で被告人が閉廷間際に傍聴席を通って逃げ出し、単純逃走容疑で現行犯逮捕された。

!

シンプルコースも「auかんたん決済」で

注目コンテンツ

  • 写真

    【&BAZAAR】高齢者の安否確認にも使える

    留守中の部屋を見守るロボット

  • 写真

    【&TRAVEL】マグロも堪能、不老ふ死温泉

    連載「原田龍二の温泉番長」

  • 写真

    【&M】成長を続けた2代目MR2

    トヨタの冒険心を引き継ぐ1台

  • 写真

    【&w】渡愛6カ月で人生急転

    アイルランドの台所

  • 写真

    好書好日元祖「モガ」の人物像に迫る

    没後10年 石井桃子展

  • 写真

    WEBRONZA「民泊新法」がもたらすもの

    民泊に新たな秩序をもたらすか

  • 写真

    アエラスタイルマガジン世界のベストレストラン50

    日本人の最高位は17位「傳」

  • 写真

    T JAPANイサム・ノグチの仕事を観る

    光や空間までも“彫刻”した男

  • 写真

    GLOBE+子どもの学校どうしよう

    子連れで特派員@ベトナム

  • 写真

    sippo施設前で鳴いていた子猫

    新入り“住み込みスタッフ”に

  • 働き方・就活

  • 転職情報 朝日求人ウェブ