メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

04月16日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

トピックス
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

水の力利用、停電でも浸水防ぐ新システム 京大など開発

【動画】浮力で立ち上がる防潮壁「フラップゲート」

写真:押し寄せる水の力で扉が立ち上がるフラップゲート=20日午後、大阪市住之江区、森井英二郎撮影拡大押し寄せる水の力で扉が立ち上がるフラップゲート=20日午後、大阪市住之江区、森井英二郎撮影

写真:押し寄せる水の力で扉が立ち上がるフラップゲート=20日午後、大阪市住之江区、森井英二郎撮影拡大押し寄せる水の力で扉が立ち上がるフラップゲート=20日午後、大阪市住之江区、森井英二郎撮影

写真:押し寄せる水の力で扉が立ち上がるフラップゲート=20日午後、大阪市住之江区、森井英二郎撮影拡大押し寄せる水の力で扉が立ち上がるフラップゲート=20日午後、大阪市住之江区、森井英二郎撮影

図:新しい防水設備の仕組み拡大新しい防水設備の仕組み

 【須藤大輔】津波や高潮で押し寄せた水の力だけで立ち上がって浸水を食い止める新しい防水設備を、京都大と日立造船が共同開発した。停電しても人の操作がいらず、増水や豪雨による建物や地下街への浸水対策にも使えるという。20日、大阪市住之江区の同社に設置された1号機と実験機が報道陣に公開された。

 防潮堤の開口部やビルの玄関など壁の間に水平に置かれた板が、浮力と水圧を受けてひとりでに立ち上がる「フラップゲート」と呼ばれる仕組み。今のところ幅10メートル、高さ5メートル程度まで対応できる。丈夫で軽い特殊な樹脂を使い、上を車が通れる強度と十分な浮力を確保した。年30億円の売り上げを目指す。

 防潮堤の開口部などは遠隔操作で閉じる仕組みになっていることが多いが、東日本大震災では停電で動かず、手動で閉めようとした消防団員が津波から逃げ遅れて犠牲になった。京都大防災研の間瀬肇教授(沿岸防災)は「新しい防水設備は操作者が危険にさらされることがない」と話す。

検索フォーム

おすすめ

公害病に貧困農民はなすすべもない。現代中国の悲惨な実態を伝える。

凍結しても、相手がいない……これが現実。女性たちの新たな闘いが始まっている。

原発問題や結婚観など、世代を超え過ぎた「おかしなふたり」の極上の語り。

周囲の環境に応じて色や音を調整する機能など、「疲れにくさ」を重視したシニア向けPCが登場

視野率100%を確保した有機ELファインダーで本格的な撮影が楽しめる、ソニーの小型軽量ミラーレス

スマホやPCに保存した音楽をワイヤレスで楽しもう

社会アクセスランキング (14時38分現在)

    注目コンテンツ

    • ショッピングカナル型ってなんなんだ?

      今さら聞けないイヤホンの基本

    • ブック・アサヒ・コムマンガ通の喜屋武ちあきさん

      初めてハマったマンガは?

    • 【&M】特別機能を持つ時計の数々

      バーゼルワールド

    • 【&w】ろうそくの灯りに包まれて

      「陶々舎」で味わう至福の一杯

    • Astand羽生結弦は浅田になれるか

      スケート界に必要な選手

    • 写真

      ハフポスト日本版 風景と溶け込んだ人々

      「やられた!」と思わずうならざるを得ない画像集

    • 就活朝日 なりたい自分へ踏み出そう!

    • 朝日転職情報

    朝日新聞社会部 公式ツイッター