メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

04月18日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

トピックス
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

キモかわいさで速攻完売 ダイオウグソクムシぬいぐるみ

【動画】元気に動くダイオウグソクムシ=沼津港深海水族館提供

写真:ダイオウグソクムシのぬいぐるみと沼津港深海水族館の石垣幸二館長拡大ダイオウグソクムシのぬいぐるみと沼津港深海水族館の石垣幸二館長

写真:沼津港深海水族館のダイオウグソクムシ。メキシコ湾で捕獲された=同館提供拡大沼津港深海水族館のダイオウグソクムシ。メキシコ湾で捕獲された=同館提供

写真:売店担当の金子有里さんが手にしているのは、ダイオウグソクムシをモチーフにしたオリジナル靴下(525円)。キーホルダーやしおり、ボールペンもある=沼津港深海水族館拡大売店担当の金子有里さんが手にしているのは、ダイオウグソクムシをモチーフにしたオリジナル靴下(525円)。キーホルダーやしおり、ボールペンもある=沼津港深海水族館

写真:ホテル入り口に飾られたぬいぐるみ。「おなか側がリアルですよね」と話す、フロント担当の板垣美沙希さん。水族館の年間パスを持っている=静岡県沼津市の三交イン沼津駅前拡大ホテル入り口に飾られたぬいぐるみ。「おなか側がリアルですよね」と話す、フロント担当の板垣美沙希さん。水族館の年間パスを持っている=静岡県沼津市の三交イン沼津駅前

 光沢を帯びたネズミ色の、ゴキブリのお化けみたいなぬいぐるみ。6090円(税込み)もするのに、140個が3時間で完売しました。

特集:どうぶつ新聞

 15日、静岡の「沼津港深海水族館」が発売した、ダイオウグソクムシの実物大ぬいぐるみ(全長55センチ)です。水深800メートルの海底で、魚の死骸などを食べて暮らす、別名「海の掃除屋」。ちょっと不気味ですね。

 10日、同館の公式ツイッターが「キタァー!リアルダイオウグソクムシのぬいぐるみ発売日決定」とつぶやくと、2700回以上リツイートされました。石垣幸二館長(46)は、この反響に半信半疑。「夏ごろまでに売れたらいいなあ」と話していたそうです。

 神奈川のぬいぐるみメーカーが試作品を持ち込んだのは1年半前。石垣さんは「こりゃだめだ」と思ったそうです。まん丸な目、きれいに並んだ7対の脚。「似ても似つかない。かわいい商品にしたいなら、うちは要らないと言いました」

続きを読む

最新トップニュース

この記事の続きをお読みいただくには、会員登録が必要です。

無料会員登録はこちら

朝日新聞デジタルのサービスご紹介はこちら

今だけ!朝日新聞デジタルが、月額500円。詳しくはこちら

PR情報

検索フォーム

社会アクセスランキング (14時38分現在)

    注目コンテンツ

    • ショッピング大人に人気のナノスパイダー

      世界最小級の46mmサイズ

    • ブック・アサヒ・コム宇宙飛行士の古川さんと読む

      「宇宙からの帰還」

    • 【&M】伝統の中にも技術革新

      バーゼルワールド

    • 【&w】デザイナーの顔が見える雑貨

      名児耶秀美インタビュー

    • Astand「羽生結弦を倒す男」は誰?

      日本男子黄金時代へ!

    • 写真

      ハフポスト日本版 「ムーミン展」開幕

      日本初公開の原画やジオラマも

    • 就活朝日 なりたい自分へ踏み出そう!

    • 朝日転職情報

    朝日新聞社会部 公式ツイッター