メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

07月23日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

トピックス
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

海自最大の「ヘリ空母」進水 護衛艦いずも全長248m

【動画】海上自衛隊の新型護衛艦「いずも」=遠藤啓生撮影

写真:海上自衛隊の新型護衛艦「いずも」=6日午後、横浜市磯子区、金川雄策撮影拡大海上自衛隊の新型護衛艦「いずも」=6日午後、横浜市磯子区、金川雄策撮影

写真:海上自衛隊の新型護衛艦「いずも」=6日午後、横浜市磯子区、朝日新聞社ヘリから、遠藤啓生撮影拡大海上自衛隊の新型護衛艦「いずも」=6日午後、横浜市磯子区、朝日新聞社ヘリから、遠藤啓生撮影

 【其山史晃】海上自衛隊の艦艇で最大となるヘリコプター搭載護衛艦(全長248メートル、基準排水量約1万9500トン)の命名・進水式が6日、横浜市磯子区の「ジャパン マリンユナイテッド」の磯子工場であった。島根県東部の旧国名にちなんで「いずも」と名付けられた。就役は2015年3月ごろの予定だ。

 いずもは艦橋を右端に寄せ、艦首から艦尾までの平らな甲板がヘリの飛行場になる。計9機のヘリを運用できる「ヘリ空母」として、対潜水艦作戦などで艦隊の中心的な役割を担う。ヘリを搭載しない状態では、格納庫に陸上自衛隊の3・5トントラック約50台を載せられ、災害支援や国際協力活動にも使える。母港は決まっていない。

 船体の長さでは、ミッドウェー海戦で沈んだ日本海軍の空母「加賀」とほぼ同じで、「飛龍(ひりゅう)」(全長227メートル)よりも大きい。海自は「いずもには垂直離着陸型の戦闘機を搭載する構想はなく、攻撃型空母にはあたらない。海上交通の保護や災害支援の任務を想定している」としている。

続きを読む

関連リンク

最新トップニュース

この記事の続きをお読みいただくには、会員登録が必要です。

無料会員登録はこちら

朝日新聞デジタルのサービスご紹介はこちら

PR情報

検索フォーム

おすすめ

「原発ゼロ、自然エネルギーへ」と力説する元「変人宰相」の熱い思いとは。

公害病に貧困農民はなすすべもない。現代中国の悲惨な実態を伝える。

iPhone本来の美しさを保ちながらも、ケースとしての保護機能を高めた「ULTRAHYBRID」

てんとう虫の愛称で親しまれた名車「スバル360」を紙だけでリアルに再現

重ねた用紙を差し込むだけで、簡単に綴じることができる電動ステープラー。最大12枚まで対応

スマホやPCに保存した音楽をワイヤレスで楽しもう

社会アクセスランキング (14時38分現在)

    注目コンテンツ

    • ショッピングケーブル不要の一体型PC

      価格改定で狙い目のiMac

    • ブック・アサヒ・コムストレスは下っ端におしつけ

      ヒヒとの20年、学者はみた

    • 【&M】ズームもワイドも楽々

      スマホ用外付けレンズ

    • 【&w】職人技を発信

      「京都」ならではのデザイン

    • Astand顧客情報大量流出のベネッセ

      再生へのいばら道

    • 写真

      ハフポスト日本版 世界の巨大な穴10選

      見つめていると吸い込まれそう

    • 就活朝日 なりたい自分へ踏み出そう!

    • 朝日転職情報

    朝日新聞社会部 公式ツイッター