メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

07月30日朝日新聞デジタル朝刊記事一覧へ(朝5時更新)

新着記事一覧へ

トピックス
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

おかあが奪った息子の命(きょうも傍聴席にいます)

 【佐々木隆広】「おかあと結婚する」。5歳の息子は、口癖のように繰り返した。こっそりと用意したランドセル。背負ったら、どんなに喜ぶことだろう――。なのに母親は、その姿に接することもなく、息子に家庭用のごみ袋をかぶせ、命を奪ってしまった。

母に執行猶予判決連載「きょうも傍聴席にいます。」

 9月25日午前10時、東京地裁の715号法廷。傷害致死罪に問われた重田史都(しづ)被告(42)の姿があった。

 裁判員裁判での審理。初公判の傍聴席は、ほぼ満席だ。

 被告「私がしたことで…… 滉史(こうし)が亡くなったことに間違いありません」。

 黒のカーディガンとパンツ姿。消え入りそうな声で起訴内容を認めた。

 検察側の冒頭陳述や弁護側の主張にもとづく事件の構図は、こうだ。

 重田被告は東京・目黒の自宅で、夫と4人の子どもの6人で暮らしていた。

 昨年9月1日。土曜の夜だった。子どもたちが、遊んだおもちゃを片づけない。重田被告はしかった。家庭用ゲーム機「ニンテンドーDS」などを取り上げて、ごみ袋に入れた。

 明日は日曜だから、ゆっくりと眠りたい。そう考えていた重田被告は、午前0時ごろ、睡眠剤1錠と焼酎の水割りを1杯飲んだ。朝までに2度、目が覚め、そのたびに睡眠剤を重ねて飲んだ。起きたのは、翌2日の午前11時ごろだった。

続きを読む

最新トップニュース

この記事の続きをお読みいただくには、会員登録が必要です。

無料会員登録はこちら

朝日新聞デジタルのサービスご紹介はこちら

PR情報

検索フォーム

社会アクセスランキング (14時38分現在)

    注目コンテンツ

    • ショッピング夜行バスと早朝チェックイン

      一切無駄のない旅計画を

    • ブック・アサヒ・コム料理が持つ「幸せにする力」

      作家・藤野さん インタビュー

    • 【&M】一つのテーブルで共通価値を

      「世界の健康問題」を話し合う

    • 【&w】臨場感あふれる建築現場

      美しい土木・建設中

    • Astand来日する仏バレエ界のスター

      ガニオ「日本は大好き」

    • 写真

      ハフポスト日本版 日本の城ベスト20

      2年連続でトップに立ったのは、あの名城でした。

    • 就活朝日 なりたい自分へ踏み出そう!

    • 朝日転職情報

    朝日新聞社会部 公式ツイッター