メニューを飛ばして本文へ

蜷川実花展 地上の花、天上の色

「蜷川実花展 地上の花、天上の色」は閉幕しました。多くの方のご来場、まことにありがとうございました。

「蜷川実花展 地上の花、天上の色」
ここから本文

「蜷川実花展 地上の花、天上の色」

写真

 ファッション、広告、映画など、さまざまな分野を自由にクロスオーバーして、今もっとも注目を集める写真家・蜷川実花の、初の大規模な個展を全国巡回します。繰り返しテーマとして取り上げられてきた「花」「旅」「金魚」「人物」などの代表作をはじめ、美大在学中のセルフポートレイトなど初期の貴重な作品から、《Noir》と題された最新作まで、450点以上の作品によって、その全貌に迫ります。

 フィルムにこだわり、色を一切編集しないで生み出される極彩色の作品は、視覚的な鮮やかさを超え、作家自身の視点を見る者に鮮烈に印象づけます。「とどめておけないものを写真で残す」ため、うつろいゆく生の一瞬の輝きを鋭敏にとらえ、この世のものではないような色彩で創出する作品世界を、美術評論家・松井みどり氏は「地上の花、天上の色」と表現しました(本展の副題は、松井氏の言葉から頂戴しました)。 

 肉眼で見える現実の一歩先に広がる永遠の一瞬を写し撮り、見るものをきらびやかな至福のひとときへと誘う“蜷川ワールド”の魅力を存分にご堪能下さい。



GoUpToThisPage
ニュースの詳細は朝日新聞へどうぞ。購読の申し込みはインターネットでもできます。
asahi.comに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。
| asahi.com | 朝日新聞社会社案内 | 朝日新聞社のイベント情報 | 個人情報 | 著作権 | リンク | 広告掲載 | お問い合わせ・ヘルプ |
Copyright The Asahi Shimbun Company. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission