RSS
現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. ロンドンオリンピック2012
  3. 深く知る
  4. 望月秀記の目
  5. 記事
2012年8月2日

印刷用画面を開く

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

正しい姿勢、高速水着の遺産〈望月秀記の目〉

 五輪の競泳前半戦は、スピードとパワーにあふれた選手の活躍が印象的だ。

 男子100メートル平泳ぎで北島康介らを圧倒する世界新で制したファンデルバーグ(南アフリカ)、男子100メートル背泳ぎで入江陵介らを押さえ込んだグレイバーズ(米)、男子400メートル個人メドレーに圧勝したロクテ(米)がその代表だ。

 以前の彼らはパワーはあるが前半型で、レース後半はもたなくなる展開が多かったが、ここ2年ほどで大きく記録を伸ばしている。

続きを読む

この記事の続きをお読みいただくには、会員登録が必要です。

無料登録で気軽にお試し! サービスのご紹介は こちら

プロフィール

望月秀記(もちづき・ひでき)

望月秀記(もちづき・ひでき)
 元日本水連広報委員。1996年アトランタ五輪に総務として代表団に同行。米スイミングワールド誌の通信員で、世界の競泳関係者に知人が多く、最新の海外事情に詳しい。
検索フォーム

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介

写真

朝刊カレンダー

        26 27 28
29 30 31 8/1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13          
朝日新聞社 アサヒ・コム ロンドンオリンピックTwitter(ツイッター)アカウント朝日新聞社 アサヒ・コム ロンドンオリンピックTwitter(ツイッター)アカウント
ドコモポイントコース