RSS
現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. ロンドンオリンピック2012
  3. 深く知る
  4. FUKUYAMAアングル
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック
福山雅治さんの写真コラム「FUKUYAMAアングル」

福山雅治さん、五輪を撮る

 元々スポーツにも五輪にも、あまり興味がなかったんです。でも、シドニー五輪で4年に1度の巨大なスポーツイベントが持つ「力」を感じて、すごく驚いた。

 僕は自称「文化系」なので、スポーツばかりしている人は、あまりクリエーティブじゃないのではと、思ってたんです。バカな考えでしたね。現場で目にしたのは、世界中から選ばれたトップアスリートたちが競い合う、究極の表現の場でした。自分がやっている音楽や芝居より、表現者として圧倒的な説得力を持っていた。自分がやってることが生ぬるく見えて、逆にショックでした。

2000年シドニー 初めての五輪、アスリートの動きに目を奪われた
2000年シドニー 初めての五輪、アスリートの動きに目を奪われた

 前回、08年北京大会で印象的だったのが、女子ソフトボールの上野由岐子投手。連投でボロボロになりながら、コントロールを維持し、生きた球を投げ続けた。ものすごく集中して、なおかつリラックスしてるっていう、スポーツ心理学的にベストな状態に見えました。あの大舞台で、あの領域で、ああいうパフォーマンスをする選手が、五輪には必ずいる。今回はなでしこジャパンなのか、男子サッカーなのか。はたまた個人種目なのか。日本は時差があって大変だけど、ぜひ、リアルタイムで見てほしいです。

2004年アテネ 観客席を含め、競技以外にシャッターを向けるようになった
2004年アテネ 観客席を含め、競技以外にシャッターを向けるようになった

 五輪には、金メダルを取って当たり前のスーパースターがいる。かつてのカール・ルイス(米)とか、競泳のイアン・ソープ(豪)。今回で言えば、陸上のウサイン・ボルト(ジャマイカ)。彼が普通に金メダルとっただけでは、世界は感動しないと思うんです。ジャマイカの代表選考会では2位だったけど、本番では世界新で勝つ、というストーリーを世界中が望んでいる気がします。

 個人的に楽しみなのは、僕の故郷の長崎出身の選手。体操の内村航平選手や、マラソンの藤原新選手は出身が諫早市で、うちのばあちゃんちの近くなんですよ。五輪って、才能だけでは出られない。天性の体の強さ、本人の頑張り、コーチや環境との「出会い」。そういうもの全てが必要な気がします。そうやって長崎から出てきた選手たちには、特に頑張ってほしい。

2008年北京 五輪を開催する街全体をファインダーに収めた
2008年北京 五輪を開催する街全体をファインダーに収めた

 そして開催地について。今回知りたいのは、なぜ、いま、ロンドンなのか、ということ。僕の中には、五輪は経済的にまだもうちょっと発展したいと思っている国が、世界へのアピールをして、というイメージがあった。成熟した都市でやる意味について、今、さまざまな角度から情報収集しています。

 ロンドンには数回行ったことがあるだけで、何が撮れるかはわからない。でも、五輪には、そこに行けば必ず何かがある。こちらから無理に接触しなくても、アスリートが放つ根源的な人間のエネルギー、そこに熱狂する観客、さらにはそれに引き寄せられる経済。そのすべての「熱」が、僕にとっての五輪なんです。(談)=写真は福山さん撮影

福山雅治

福山雅治(ふくやま・まさはる)

 1969年、長崎市生まれ。90年に歌手としてデビュー。93年にドラマ「ひとつ屋根の下」に出演し、一躍人気俳優に。同年「MELODY」などがヒットし、紅白歌合戦に初出場を果たした。2006年、初の写真作品集を発売。09年には、故郷の長崎市でライブを開き、パブリックビューイングを含めて2日間で8万人を集めた。10年には、大河ドラマ「龍馬伝」に坂本龍馬役で主演した。

 福山さんのロングインタビューは、AERA7月30日号(23日発売)に掲載予定です。また、本紙連載を中心に、福山さんのロンドンでの取材をまとめたAERAムックが8月末に発売される予定。また、テレビ朝日系のスペシャルゲストとして、現地からの生中継番組に出演。同局の五輪テーマソング「GAME」も担当します。

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介

写真

朝刊カレンダー

        26 27 28
29 30 31 8/1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13          
朝日新聞社 アサヒ・コム ロンドンオリンピックTwitter(ツイッター)アカウント朝日新聞社 アサヒ・コム ロンドンオリンピックTwitter(ツイッター)アカウント
ドコモポイントコース