現在位置:
  1. asahi.com
  2. バンクーバーオリンピック
  3. コラム
  4. スポーツ人物館
  5. 記事

〈 氷上編 〉

本気の大器 全日本3冠 小平奈緒(スピードスケート)

2009年10月28日9時7分

写真:女子1500メートルも制して3冠を達成した小平奈緒=飯塚晋一撮影女子1500メートルも制して3冠を達成した小平奈緒=飯塚晋一撮影

 大器が本気になった。

 「すべてをスケートに費やせる。夢のような生活です」。大学を卒業し、スケートに専念できる環境になった。筋トレで体重は2キロ増え、上半身がたくましくなった。笑いながら言うトレーニング中の言葉は「打倒、吉田沙保里」だ。

 8月の国際大会で500メートル、1500メートルとも自己ベストを大幅に更新し、今月の全日本距離別は国内最高記録をマークした1000メートルを含め、3冠を達成。日本のベテランコーチは言う。「五輪では3種目でメダルを取る力がある。ひょっとしたら金も」

 スケートの盛んな長野県茅野市出身。近くに2歳上の吉井小百合(日本電産サンキョー)がいて、新谷志保美(竹村製作所)の父がコーチだった。実業団の誘いを断り、進学したのは「将来教師になってスケートを教えたかったから」。勉強と競技を両立してきたが、就職先は卒業後の4月中旬まで決まらなかった。「もう、ニートスケーターを覚悟しました」

 やっと決まった所属先。新しい黄緑色のワンピース(ユニホーム)には四つ葉のクローバーをあしらった。

 「支えてくれる人、みんなに幸せを届けたい」(稲崎航一)

    *

 こだいら・なお 86年5月26日、長野県茅野市生まれ。中学2年で全日本ジュニアを制し「スーパー中学生」と呼ばれた。伊那西高―信州大を経て今春から相沢病院所属。165センチ、62キロ。

検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内