現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. ロンドンオリンピック2012
  3. コラム
  4. London Journal
  5. 記事
2012年4月12日
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

「おいしいイギリス」の代表、サンデー・ロースト

文と写真:マクギネス真美

写真:パブで気軽に食べることができるサンデー・ロースト拡大パブで気軽に食べることができるサンデー・ロースト

写真:グレービーのつやが食欲をそそる拡大グレービーのつやが食欲をそそる

 先週の日曜日はイースター・サンデーだったので、多くのイギリス家庭ではローストしたラム肉が食されたはずだ。というのも、この国では、クリスマスにロースト・ターキーが定番であるのと同様に、イースターにはロースト・ラムを食べる習慣があるのだ。

「日曜日にはサンデー・ロースト」が伝統

 イースター・サンデーのような特別な日曜でなくても、イギリスでは伝統的に、日曜日には「サンデー・ロースト」または「サンデー・ディナー」と呼ばれる、ローストした肉にポテトや野菜を添えた食事をする。ビーフに限らず、チキンやポーク、ラムなどの肉も好まれる。

 よく「イギリス料理はまずい」という評判を聞くが、きちんと料理されたサンデー・ローストを食べれば「イギリスの食事って、実はこんなにおいしいんだ」と、見直してもらえるのではないかと思う。だから、ロンドンに来たら、ぜひ一度、ロースト・ディナーを味わってみてほしい。

タイミングが命

 オーブン料理といえば日本ではちょっと手の込んだもの、というイメージかもしれないが、どの家庭にもオーブンがあるのが当たり前のイギリスでは、肉をローストすること自体は、それほど難しいことではない。下準備をした肉を、適温に設定したオーブンに入れさえすれば、難しいテクニックはいらないからだ。

 とはいえ、ロースト・ディナーを自分で作ってみると、出来上がりのタイミングを計るのが大変だということに気づく。肉が好みの焼き具合(レア、ミディアム、ウェルダン)になる直前を見計らってオーブンから取り出し、アルミホイルで覆って少し肉を休ませる。そして、肉を切ってお皿に取り分ける段階になったら、付け合わせのものすべてが温かい状態で揃っていなければならず、これを実現するのは、一度や二度の経験ではなかなか難しい。

なじみのない食材も付け合わせに

 ロースト・ディナーの付け合わせは、ローストポテト、ニンジン、グリーン・ビーンズやブロッコリーといった緑色の野菜、そして「パースニップ」という根菜に、ヨークシャー・プディングが定番。

 日本ではあまり見かけることのないパースニップはイギリスでは人気の食材。見た目は白いニンジンのようで、ローストすると、ほくほくとサツマイモのような食感で甘みがあり、ほんの少しゴボウのような風味も感じられて、あとをひくおいしさ。在英の日本人でこれを嫌いという人に会ったことは今までひとりもいないほどに、日本人好みの食べ物だ。

 ヨークシャー・プディングは、小麦粉と卵を混ぜたタネをオーブンで焼き上げた、真ん中にくぼみのある、パンのような、シュー皮のようなもので、中世の頃からすでに食されていたといわれるもの。

なにはなくともグレービー!?

 そして、忘れてはならないのがグレービー。これは、ローストした肉から出た肉汁に小麦粉をまぜ、スープストックでのばして作ったソースで、肉だけでなく、野菜やヨークシャー・プディングも含め、皿一面にかける。

 「グレービーがなくちゃ、ロースト・ディナーとはいえない」などと真顔で言うイギリス人も少なくない。それほど彼らはグレービーが大好きで、そのこだわりは強いのだ。

 ただし、グレービー自体の味が強すぎてはダメ。あくまでも、これをかけることによって、お皿に乗っているそれぞれの食材が、ひとつのハーモニーを醸し出すようでなくてはいけない。そして、口の中にそのハーモニーが広がるようにするには、肉、野菜、ヨークシャー・プディングを、少しずつフォークに刺し、まとめてひと口で味わうのだ。

パブでも楽しめる

 さて、サンデー・ローストの味わい方をご紹介したところで、いったいどこでこのイギリス伝統料理をいただくのか、ということだが。

 当然のことながら、イギリス人の家庭で、ホームメイドのものを味わうのが理想だけれど、そういう機会がない場合には、食事を出すパブにでかけてみよう。

 ロンドン市内には、おいしい食事を味わうことのできるパブがたくさんあり、日曜以外でもロースト・ディナーを食べられるところも少なくない。

 たいがいのパブででてくるサンデー・ローストは、お皿いっぱいに肉と付け合わせがあふれるほど盛りつけられている。「こんなにたくさん食べるのは無理」と思うかもしれないが、意外と平らげてしまうものだということに、食べてみて気づくだろう。だって、サンデー・ローストは「おいしいイギリス」の代表なのだから。

 もちろん、グレービーは遠慮せずに、じゃぶじゃぶかけて召し上がれ。

プロフィール

マクギネス真美さん プロフィール画像

マクギネス真美(まくぎねす・まみ)
9年半の雑誌編集者時代を経て2003年渡英。共著『ハッピーハッピーロンドン』(双葉社)。「ダ・ヴィンチ電子ナビ」では電子書籍のレビューをしている。辛抱を強いられる公共交通機関、街中のおかしな看板や不思議な食べ物など「イギリスの実態」を、おもしろ画像とともに自身のウエブサイトでレポート。最新情報はツイッターでもつぶやいています。
検索フォーム

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介

写真

朝刊カレンダー

        26 27 28
29 30 31 8/1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13          
朝日新聞社 アサヒ・コム ロンドンオリンピックTwitter(ツイッター)アカウント朝日新聞社 アサヒ・コム ロンドンオリンピックTwitter(ツイッター)アカウント
ドコモポイントコース