現在位置:
  1. asahi.com
  2. バンクーバーオリンピック
  3. コラム
  4. myバンクーバー五輪
  5. 記事

岡崎朋美 メダリストの私がいなきゃ

2010年1月5日

写真:5度目の五輪に臨むスピードスケートの岡崎朋美=上田幸一撮影拡大5度目の五輪に臨むスピードスケートの岡崎朋美=上田幸一撮影

 甘い新婚生活を破る衝撃だった。

 テレビ観戦した2008年1月の世界スプリント。前年の11月、36歳で結婚した。後半戦は全休し、3歳上の夫、安武宏倫さんとのんびり過ごしていた。

 日本女子は新谷志保美(竹村製作所)の総合16位が最高で、24大会ぶりに1けた順位を逃す大敗。翌年の出場枠も、4から3に減らされた。「なのに、みんな『次、がんばりまーす』なんてヘラヘラしている。真剣味がない。私がいなきゃ、この世界はダメになってしまう」。現役女子で、ただ一人のメダリストのプライドがうずいた。

 翌シーズン、本格復帰。ひざが胸につくような低いフォームに取り組んだ。09年3月のW杯で37秒66。4季ぶりに自己ベストを更新した。

 38歳になっても、輝きを失わない。「いつまでもスケートに対して純粋」(富士急・長田総監督)という心と、体が充実しているからだ。

 昨夏は「心臓が飛び出るような」激しい陸トレで体幹を鍛えた。昨季体重が落ちた反省を生かし、スポーツ栄養アドバイザー・石川三知さんに食事指導も受ける。フィギュアの高橋大輔らもサポートする石川さんは「昔みたいにどんぶり飯は食べられないから、野菜ジュースにしたり、シチューに豆乳を入れたり工夫した。もう体重は落とさせない」。シーズンが始まり、気づけばヒップは3センチアップして96センチになっていた。

 夫の存在も心を支える。元々メンタルは強い岡崎だが、大学野球の投手だった宏倫さんは、さらにプラス思考だ。口癖は「大丈夫や」。岡崎が「ライバルの方が速そう」と電話すると「大丈夫や。お前とは器が違う」。いつも勇気づけてくれる。

 入社4年でリレハンメル五輪に初出場し、長野五輪で銅メダル。腰の手術からはい上がり、6位になったソルトレーク五輪。トリノは0秒05差でメダルを逃し、現役続行を決めた。そして「大願成就」を目指し、バンクーバーへ。おなじみの「朋美スマイル」の奥に激しさが宿る。

 昨秋、かかりつけの歯科を訪れた。右の奥歯がボロボロだった。長年の猛練習に加え、カーブで遠心力を受けて食いしばるからだ。一番奥には通常の銀色ではなく、金を詰めた。メダルの色? 「違うよ。かみしめた時、金が一番強いからだって」。笑ってかわすが、ぱっちりした瞳は強い光を放っている。(稲崎航一)

    ◇

■岡崎朋美の歩み

1971年 9月      北海道清里町生まれ

1990年   (18歳) 釧路星園高を卒業し、富士急に入社

1994年   (22歳) 尊敬する橋本聖子とともにリレハンメル五輪出場。500メートル14位

1998年   (26歳) 長野五輪500メートル銅メダル。「朋美スマイル」でブレーク

2000年   (28歳) 椎間板ヘルニアの手術

2002年   (30歳) ソルトレーク五輪500メートル日本新で6位

2006年   (34歳) トリノ五輪500メートル4位。日本選手団主将

2007年11月(36歳) 安武宏倫さんと結婚

2009年 3月(37歳) W杯ソルトレーク大会で37秒66、4季ぶりに自己記録更新

2010年   (38歳) バンクーバー五輪

検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介

お使いのパソコンの時刻情報を元に日本時間と−17時間の時差を反映したバンクーバー時間を表示しています。海外での利用時にはパソコンの時刻情報を日本時間に設定しない限り正しく表示されませんのでご容赦ください。

メダル獲得ランキング

(日本時間)03月01日(月)07時58分現在

順位 金メダル 銀メダル 銅メダル
1 国旗カナダ 14 7 5
2 国旗ドイツ 10 13 7
3 国旗米国 9 15 13
4 国旗ノルウェー 9 8 6
5 国旗韓国 6 6 2
20 国旗日本 0 3 2
twitter こちらから

バンクーバーの歩き方

バンクーバー早分かり

バンクーバー早分かり

バンクーバーの見どころをエリアごとにわかりやすくご案内。交通情報も網羅し、初めての人も安心して「歩ける」情報満載です。

ウィスラーの歩き方

ウィスラーの歩き方

もうひとつのメーン開催地・ウィスラーは世界でも人気のウィンターリゾート。観光スポ ットなど滞在に役立つ情報をご案内します。