現在位置:
  1. asahi.com
  2. バンクーバーオリンピック
  3. コラム
  4. バンクーバーオリンピックスペシャル
  5. 記事

ジャンプ採点 公平性を模索 ノルディックスキー

2009年11月24日10時58分

写真:船木和喜のジャンプ。向かい風は有利、追い風は不利となる=竹花徹朗撮影船木和喜のジャンプ。向かい風は有利、追い風は不利となる=竹花徹朗撮影写真:8月、サマーGPが行われた白馬ジャンプ競技場には、欧州から持ち込まれた風速計が設置された=金川雄策撮影8月、サマーGPが行われた白馬ジャンプ競技場には、欧州から持ち込まれた風速計が設置された=金川雄策撮影

 ノルディックスキーは自然の中で競い合う。天候に成績が左右されても「自然を相手にしているから仕方がない」とあきらめるしかないのか。風などの影響を受けやすいジャンプでは、自然の変化の中で「公平性」への試みが始まっている。

 8月に長野県の白馬ジャンプ競技場で開かれたサマーグランプリで、船木和喜(フィット)とシモン・アマン(スイス)の成績が「逆転」する場面があった。

 船木の飛距離は123.5メートルでアマンは120.5メートル。飛型点でも上回る船木が6.9点リードするはずだった。だが、船木は秒速0.75メートルの向かい風で、アマンは追い風0.3メートル。風が不利な状況だったアマンは加点され、逆に船木は減点された。結局、アマンが飛距離で2メートル以上に相当する4点リードとなった。

 こうなったのは、国際スキー連盟(FIS)が今年のサマー大会から試している新方式のためだ。

 新方式とは、風の条件やスタート位置によって得点を修正するというもの。ジャンプ台の5カ所に設置した機器で風の向きや強さを測り、ジャンプ台の形状も考慮した複雑な計算式で加減するという。不利な追い風なら飛距離がなくても点数は上がり、逆に飛距離があっても有利な向かい風なら負けることもある。

 新方式は競技運営にも変化をもたらした。競技中に風向きや風速が大きく変わると、これまではスタート位置を変え、飛び終えた選手をもう一度飛ばせる必要があった。ところが、新方式ならスタート位置を変えても得点を修正できるため、飛び直しさせる必要がない。中断しなければならないような一時的な強風にも、スタート位置の調整で競技を続けられるという。

 選手やコーチにはおおむね好評で、競技時間のめどがつくことから、中継するテレビ局からの評判もいい。だが、問題点も現れた。

 着地が苦手な選手がスタート位置を下にさげて飛距離を少し犠牲にしたところ、テレマーク姿勢を入れられたことで減点を防げたという。これを見た他の選手もまねたため、飛距離が極端に短い試合になってしまった。その後、スタート位置の変更を制限する修正が加えられたものの、今後もルールの不備が浮かび上がることもありそうだ。

 最長不倒でも勝てない試合が出てくるかもしれない。そうなれば、観客の混乱を招き、面白みに欠ける恐れもある。複合は今季のW杯開幕戦から新方式を導入し、ジャンプのW杯では中盤戦から試される。天候の数値化は簡単ではないため、バンクーバー五輪での採用は見送られた。

 ジャンプは「公平性」がテーマになってきた歴史がある。フィンランドでは3千万ユーロ(約40億円)をかけて、天候に左右されない屋内ジャンプ競技場を建設する計画もあった。「自然との闘い」は、これからも続く。(斎藤孝則)

検索フォーム
キーワード:


朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介

お使いのパソコンの時刻情報を元に日本時間と−17時間の時差を反映したバンクーバー時間を表示しています。海外での利用時にはパソコンの時刻情報を日本時間に設定しない限り正しく表示されませんのでご容赦ください。

メダル獲得ランキング

(日本時間)03月01日(月)07時58分現在

順位 金メダル 銀メダル 銅メダル
1 国旗カナダ 14 7 5
2 国旗ドイツ 10 13 7
3 国旗米国 9 15 13
4 国旗ノルウェー 9 8 6
5 国旗韓国 6 6 2
20 国旗日本 0 3 2
twitter こちらから

バンクーバーの歩き方

バンクーバー早分かり

バンクーバー早分かり

バンクーバーの見どころをエリアごとにわかりやすくご案内。交通情報も網羅し、初めての人も安心して「歩ける」情報満載です。

ウィスラーの歩き方

ウィスラーの歩き方

もうひとつのメーン開催地・ウィスラーは世界でも人気のウィンターリゾート。観光スポ ットなど滞在に役立つ情報をご案内します。