現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. ロンドンオリンピック2012
  3. 陸上
  4. 記事
2012年7月4日23時52分
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

義足の陸上選手、五輪へ 南ア、男子リレーなど出場へ

関連トピックス

 南アフリカ・オリンピック委員会は4日、ロンドン五輪同国代表の追加派遣選手を発表し、両ひざの下がなく義足の陸上選手として知られるオスカー・ピストリウス(25)が選出された。男子400メートルと同1600メートルリレーに出場する予定。この種の障害を持つ選手の五輪出場は初となる。

 ピストリウスは「きょうは生涯最も誇りを感じた日。五輪にピークを持っていく。最大の舞台で自己ベスト更新も狙いたい」との談話を発表した。

 3月に400メートルで45秒20をマークし、五輪参加標準記録Aの45秒30を突破。6月のアフリカ選手権では2位に入ったが、タイムは45秒52にとどまった。

 2008年北京五輪は出場を果たせず、同年のパラリンピックで3冠。昨年8月の世界選手権(韓国・大邱)に初出場し、400メートルで準決勝に進出するなどした。ロンドン五輪後に開催されるパラリンピックでは複数の個人種目とリレーを走る予定。

 カーボン製の義足を装着して走るピストリウスに対しては、反発力で走力を助けているとの見方もある。五輪出場には賛否両論あるが、国際オリンピック委員会(IOC)のジャック・ロゲ会長はかつて、国際陸連の規定を満たせば出場できるとの見解を示していた。(時事)

検索フォーム

陸上最新ニュース

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介

写真

朝刊カレンダー

        26 27 28
29 30 31 8/1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13          
朝日新聞社 アサヒ・コム ロンドンオリンピックTwitter(ツイッター)アカウント朝日新聞社 アサヒ・コム ロンドンオリンピックTwitter(ツイッター)アカウント
ドコモポイントコース