RSS
現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. ロンドンオリンピック2012
  3. 体操・新体操
  4. 記事
2012年8月2日12時1分

印刷用画面を開く

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

ウズベクの体操女子選手を追放 ドーピング検査で陽性

 国際オリンピック委員会(IOC)は1日、ドーピング(禁止薬物使用)検査で陽性反応を示した体操女子のルイザ・ガリウリナ(ウズベキスタン)をロンドン五輪から追放したと発表した。

 A検体の検査結果を受け暫定的に資格を停止していたが、B検体の検査でも同じ結果が出たため、規律委員会が決定した。同選手は大会身分証なども没収される。国際体操連盟にも今後の処分検討などのため、検査内容が報告される。

 五輪開幕前に提出された尿検体から利尿剤のフロセミドが検出されていた。(時事)

検索フォーム

体操・新体操 最新ニュース

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介

写真

朝刊カレンダー

        26 27 28
29 30 31 8/1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13          
朝日新聞社 アサヒ・コム ロンドンオリンピックTwitter(ツイッター)アカウント朝日新聞社 アサヒ・コム ロンドンオリンピックTwitter(ツイッター)アカウント
ドコモポイントコース