RSS
現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. ロンドンオリンピック2012
  3. 柔道
  4. 記事
2012年8月7日0時37分

印刷用画面を開く

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

ドーピング陽性、米柔道選手失格 大麻の成分検出

 国際オリンピック委員会(IOC)は6日、ロンドン五輪の柔道男子73キロ級で7位だったニコラス・デルポポロ(米)がドーピング(禁止薬物使用)検査で陽性反応を示したため、失格処分とすると発表した。大会成績などが全て取り消される。7月30日の試合後の尿検査で採取された検体から大麻の成分のテトラヒドロカンナビノールが検出された。IOCは国際柔道連盟に対し、失格処分に伴う成績の修正を求めた。

 米国オリンピック委員会(USOC)によると、同選手は五輪へ出発前に食べた料理を原因に挙げ、「大麻と一緒に調理されたと知らずに不注意に食べた」と弁明している。(時事)

検索フォーム

柔道 最新ニュース

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介

写真

朝刊カレンダー

        26 27 28
29 30 31 8/1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13          
朝日新聞社 アサヒ・コム ロンドンオリンピックTwitter(ツイッター)アカウント朝日新聞社 アサヒ・コム ロンドンオリンピックTwitter(ツイッター)アカウント
ドコモポイントコース