RSS
現在位置:
  1. 朝日新聞デジタル
  2. ロンドンオリンピック2012
  3. 体操・新体操
  4. 記事
2012年9月1日0時4分

印刷用画面を開く

mixiチェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本体操協会、内村に報奨金210万円 過去最高額

 日本体操協会は31日の常務理事会で、ロンドン五輪の男子個人総合で日本勢28年ぶりの金メダルに輝き、団体総合と種目別ゆかで銀メダルを獲得した内村航平(コナミ)に、過去最高の報奨金210万円を出すことを決めた。さらに、二木英徳会長からは160万円相当の腕時計が贈られる。他の団体メンバー4人の報奨金は50万円ずつ。

 また、金メダルが期待された男子団体総合で2位だったことなどを踏まえ、2016年リオデジャネイロ大会に向けて「ロンドン五輪大反省会」を開催することも決めた。国内外の体操関係者ら約200人から意見を聞くほか、協会のサイト上で一般からの意見も集める。

 五輪3大会ぶりに入賞(7位)した新体操団体については、今後も代表選手をオーディションで選抜する方式を採ることが承認された。

検索フォーム

体操・新体操 最新ニュース

朝日新聞購読のご案内
新聞購読のご案内 事業・サービス紹介

写真

朝刊カレンダー

        26 27 28
29 30 31 8/1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13          
朝日新聞社 アサヒ・コム ロンドンオリンピックTwitter(ツイッター)アカウント朝日新聞社 アサヒ・コム ロンドンオリンピックTwitter(ツイッター)アカウント
ドコモポイントコース